Jay-ZとRoc Nationが来年以降のスーパーボウルハーフタイムショーをプロデュースすることが明らかに

人種差別に抗議し、国歌斉唱の際に起立しなかったコリン・キャパニック選手にFA宣言をしたことで多くの批判を浴びたNFL。その目玉イベントであるスーパーボウルハーフタイムショーを巡って昨年は様々な騒動が巻き起こったが、そんなハーフタイムショーになんとJay-ZとRoc Nationがプロデューサーとして参加することが明らかになった。

The Washington PostによるとJay-Zはハーフタイムショーの共同プロデューサーとしてNFLとの契約を結んだようで、ハーフタイムショーにアーティストとして出演することは無いという。NFLのコミッショナーであるRoger Goodellは同紙に対し「彼はすぐに出演する意思が無い旨を伝え、それ以上に多彩なことをすると語りました。もちろん、私もJay-Zが来年以降のハーフタイムショーに出演することを望んでいますが」と語っている。

Jay-Z自身もハーフタイムショーのプロデュースについて「俺たちには自律性があると思う。大きな組織と仕事をすれば、俺たちにも多くの問題が起こるだろう。新しいことをするには痛みが伴うものだ。俺たちはやりたいことをやる。NFLはそれに賛成してくれた。だから、パートナーシップを結んでもそれをやり続ける」と、自分たちの色のハーフタイムショーを開催することに強い意欲を見せている。

昨年のハーフタイムショーはRihannaがオファーを断り、出演が決定したMaroon 5のキャンセルを呼びかける署名が盛り上がるなど、紆余曲折の末に開催された。Jay-Zも昨年Travis Scottがオファーを受けた際にキャンセルするよう説得を行ったことが報じられていただけに、今回の契約もかなり意外なものだと言える。しかし、人種や音楽ジャンルのバランスが批判を浴びていたハーフタイムショーにRoc Nationが参加することになれば、より若い世代への求心力が高いイベントが出来上がることは間違いなさそうだ。

若いアーティストのサポートをはじめ、シーンに発生したトラブルを解決すべく様々な動きを見せるJay-Z。彼がプロデュースするハーフタイムショーに今から期待が高まる。

related

RihannaとJay-Zが新型コロナウイルス被害の救援のため200万ドルを寄付

世界的に猛威を振るい、各国でロックダウンが行われるなど深刻な被害を出している新型コロナウイルス。経済的な意味でも打撃を与えている中、Jay-ZとRihannaが救援のために寄付を申し出たことが話題を呼んでいる。

Jay-ZとBeyonceがスーパーボウルの国歌斉唱にて起立しなかったことが物議を醸す|コリン・キャパニック選手は批判の投稿をリポスト

昨日開催されたアメリカのエンターテイメント最大の祭典であるNFLスーパーボウル。以前よりNFLによる人種差別とハーフタイムショーの出演アーティストが議論を呼び続けてきたが、そんな中、昨日のスーパーボウルに出席していたJay-ZとBeyonceの夫妻がとった行動が物議を醸している。

The Neptunesが再始動しLil Nas X、Jay-Z、Lil Uzi Vertらと共に制作をしていることが判明

2000年代のヒップホップシーンにおいて多大な人気を誇り、今なお大きな影響を与え続けるプロデューサーデュオThe Neptunes。そんな彼らが今回待望の再始動を果たし、制作を行っていることが明らかになった。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。