featured

【インタビュー】Crystal Lake 『CURSE』| アメリカのヒップホップの真逆のことをやる

日本を代表するラウドミュージックバンドとして、世界中で評価されているバンド・Crystal Lake。初期の楽曲を新しいアレンジでレコーディングし直した前作『The Voyages』から約11ヶ月ぶりとなるシングル『CURSE』がリリースされた。

【インタビュー】DYGL 『A Daze In A Haze』|とにかく良い音楽であればいい、シンプルで

このたびDYGLは、内省と音楽的冒険の季節をへて、これまでにないほどオープンで快活、ユーフォリックとさえいえるサウンドを手にした新作『A Daze In The Haze』を発表する。何はともあれまずは、制作の終盤にかけこみで完成させたという“Half of Me”を聴いてほしい。今いる環境に留まりたい気持ちをなんとか断ち切って、「次のところ」へと向かわんとするまさにその瞬間をレジュメした本ナンバーは、コロナ禍でなかなか聴くことの叶わなかったアップリフリティングな「ポップス」である。ノスタルジアに対する否定ではない、むしろ未練を残したような「half of me is still aching inside my head」というサビのラインに、時代精神のすべてが込められている。

【イベントレポート】『City Connection powered by Manhattan Portage』|都市生活の息苦しさを音楽で開放させたデイイベント

Manhattan Portageが主催するイベント『City Connection』が7月18日に恵比寿・LIQUIDROOMで開催された。会場では新型コロナウイルス感染症の厳重な拡大防止対策が取られ、フロアはソーシャルディスタンスが保たれるように床をテープで仕切り、観客も基本的にはマスクは着用し、声出しも禁止となった。なにかと制限の多い昨今ではあるが、良質な音楽を大音量で聴くのはやはり楽しい。

KOHHの謎のポスターが全国各地に出現 | 気になる内容は...

『WORST TOUR』を開催し、最新作『YELLOW TAPE 5』をリリース間近とみられるKOHH。先週末から全国各地で謎のポスターが貼られていることがわかった。

【インタビュー】Elle Teresa|等身大の自分がクラシック

Elle Teresaの存在を知ったのは4年ほど前。バンドMs.Machineを始動し始めた頃「Elle Teresaってラッパーがいるんだけど超いいよ。SAI好きだと思う。」と教えてもらい、Youtubeで「ニートTOKYO」を見てみると、フリースタイルについて独自の持論を語る彼女がいた。いまだにマッチョな男社会でもあるヒップホップの世界で作り上げられた流儀について「興味ない」と一蹴する彼女に一瞬でハマってしまった。以後、自分のライブ前に彼女の曲を1人で聴いたり、たまに頼まれるDJで彼女の曲を流したりしたのを覚えている。

【スナップ】What are you listening to? Vol.9 in『No Woman No Cry POP UP』

今回は、沖縄にあるカルチャーショップBig Knotで行われた、沖縄出身のアーティストであるCHOUJIとネーネーズのコラボ曲"No Woman No Cry"を記念したPOP UPでスナップ!

【レビュー】Tyler, The Creator 『Call Me If You Get Lost』|成功者としての顔と隠せない本心

ミックステープの王DJ Drama なんだ、このやかましい声は……。1曲目のイントロもしくは1曲目限定で、景気づけのためかと思いきや、Tyler, The Creatorによる最新作『Call Me If You Get Lost』を一聴し終えてみれば、結局1曲(とインタールード)以外の全収...

FNMNL編集部がチョイスする6月のベスト30曲

毎週更新されるFNMNLのSpootifyオフィシャルプレイリストの中から、月間のベストトラックを選出したプレイリストの6月編が本日公開。

【インタビュー】Daichi Yamamoto 『WHITECUBE』| 好き嫌いじゃない曲が揃った

2019年のソロデビュー作『Andless』で大きな飛躍を遂げたDaichi Yamamotoが、EP『Elephant In My Room』を挟んで2年ぶりのニューアルバム『WHITECUBE』を6月にリリースした。 多様なトラックに対してバラエティに富んだフロウで驚かせてくれた前作の流...

【特集&プレイリスト】mitokon & audiot909が選ぶ「進化するAmapiano」

昨年から今年にかけ、南アフリカ発のダンスミュージックAmapianoは目覚ましい進化を見せている。ハウスを根源とし、そのスムースなグルーヴ感が多くのリスナーに衝撃を与えたこのジャンルは、今や南アフリカを飛び出しUKやアメリカ、そしてここ日本にまで広がりを見せている。SNSでその名を目にすることや、クラブでAmapianoのトラックを耳にする機会も少なくないはずだ。

【インタビュー】Ryohu 『City Connection』 | 街がアーティストを作る

Manhattan Portageによる都市型音楽プロジェクト『City Connection』が、7/18(日)に恵比寿・LIQUIDROOMで開催する。都会に生きる全ての人たちの日常に彩りをという思いで開催されるこのイベント。

【スナップ】Go Skateboarding Day in TOKYO SPORT PLAYGROUND SPORT ☓ ART

Nike SB主催のTOKYO SPORT PLAYGROUND SPORT ☓ARTにて行われたスケートセッションに潜入。実際に参加したスケーター達をスナップ!

【インタビュー】AAAMYYY|ありのままの僕らでいられる

AAAMYYYは、これまでよりも誰かのために無理して表情を作ることなく、しかし柔らかい温かさを周囲に感じさせながら、自然体のテンションで取材に応えてくれたように見えた。

【対談】坂東祐大 × STUTS 『大豆田とわ子と三人の元夫』 | テレビだからというリミットを外して生まれたもの

先頃放送が終了したドラマ『大豆田とわ子と三人の元夫』。ドラマの内容は元より、主題歌やサウンドトラックにここまで注目が集まるドラマがあっただろうか。

【対談】4s4ki × Zheani | 2人の友情とアーティストとしての自由さ

4s4kiは持ち前のクリエイティビティを早速披露してくれた。2021年4月23日 、オーストラリアのアーティストZheaniとのライブストリーミングトークイベントの開始数分前に、4s4kiはスタジオに持参したぬいぐるみと共に現れた。彼女はマペットの「カーミット・ザ・フロッグ」のパーツと馬を組み合わ...
もっと見る