Megan Thee StallionがJay-Zからホットな女性になるためのアドバイスを受けたと明かす

Cardi Bとの大ヒット曲“WAP”や先月発表された新作『Good News』など、押しも押される勢いで活動を続けるMegan Thee Stallion。そんな彼女が、自身の所属レーベルRoc NationのオーナーであるJay-Zから貴重なアドバイスを受けたことを明かしている。

XXLによると先週木曜日、人気トーク番組『The Late Show With Stephen Colbert』に出演したMeganは、BeyoncéとJay-Zの二人との親交について尋ねられ、「今Beyoncéと話すことが出来るようになった自分を褒めてあげたい」と語った。また「Jay-Zは面白いアドバイスをくれるんだよ。例えば、私が良くない日を過ごしていたら、彼は“Megan、君はどこかでボートに乗るべきだよ。行こう、良い時間を過ごして、他人のことは忘れるんだ”って言ってくれる。彼は私がもっとセクシーな女性になるためのアドバイスもくれる。Beyoncéは“クイーン、もっと上を向いて”って感じで、とても優しく言ってくれるけど。Jay-Zはもっとハイな感じ」と、二人が自身に与えるアドバイスの違いを説明している。

Jay-ZとBeyoncéという2大スターと親交の深い彼女だからこそ語れるエピソードだが、アドバイスのトーンの違いは二人の性格が表れているようで興味深い。

またインタビューではCardi Bとの“WAP”の性的なリリックに寄せられた批判についても触れられているが、彼女は「今年は共和党支持者にとって良くない一年だったから、そのイライラをぶつけたかったんだろうね。でも、再生してくれてありがとう。みんながいなかったら、私はここまで来られなかったから」と、ユーモラスかつポジティブな回答を行っている。

Megan Thee StallionとJay-Z、Beyoncéとの日常が垣間見えるインタビューはこちらから観ることが出来る。

related

Megan Thee Stallionがグラミー賞の問題を巡り「私たちはThe Weekndが大好き」と語る

昨日行われた2021年グラミー賞の授賞式。Billie Eilishの連覇やMegan Thee Stallionの最優秀新人賞受賞など、その結果もさることながら、昨年最大のヒット作となったThe Weekndの『After Hours』が一切ノミネートされなかったことから彼が受賞式をボイコットしたことが大きな話題を呼んでいた。そんな波乱続きのグラミーだが、今回、Megan Thee StallionがThe Weekndについて語ったコメントが報じられている。

2021年グラミー賞の受賞者が発表|Megan Thee Stallionが最優秀新人賞、H.E.R.が最優秀楽曲賞を受賞

今年もいよいよ幕を開けたグラミー賞の授賞式。以前よりそのノミネーションが批判の対象となり、The weekndがボイコットを表明するなど例年と比べ波乱の展開を見せた今年のグラミー賞だが、その受賞者が発表となった。

Calvin Kleinの春のキャンペーンにMegan Thee Stallion、Koffee、Rina Sawayama、Sage Elsesserなどが登場

Calvin Kleinがジーンズとアンダーウェアの春のグローバルキャンペーン『Blank Canvas』を公開した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。