Megan Thee Stallionがグラミー賞の問題を巡り「私たちはThe Weekndが大好き」と語る

昨日行われた2021年グラミー賞の授賞式。Billie Eilishの連覇やMegan Thee Stallionの最優秀新人賞受賞など、その結果もさることながら、昨年最大のヒット作となったThe Weekndの『After Hours』が一切ノミネートされなかったことから彼が受賞式をボイコットしたことが大きな話題を呼んでいた。そんな波乱続きのグラミーだが、今回、Megan Thee StallionがThe Weekndについて語ったコメントが報じられている。

XXLによると、グラミー最優秀新人賞と最優秀ラップ楽曲賞、最優秀ラップパフォーマンス賞の3部門を受賞したMegan Thee Stallionは、TMZの取材に対し「グラミーに不正は無いよ。誰かが勝てば、誰かが負けるんだ」と、巷で噂となっているグラミー賞の票の操作を否定。一方でThe Weekndが賞をボイコットしたことについては「私たちはThe Weekndが大好きなんだ。熱狂的なファンだよ」と、サポートする意思を表明した。

The Weekndは今回の授賞式を欠席したばかりでなく、グラミー賞を運営するレコーディングアカデミーに今後自身の作品を登録しないと発表していた。

今年は最も権威ある賞である最優秀レコード賞を受賞したBillie Eilishがスピーチにて「Meganが獲るべきだった」と語ったことも大きなニュースとなっているが、このようなコメントが出ることからも、今回のグラミーが例年以上に特殊な状況であったことが分かる。

ポジティブな話題も見られる一方で問題が山積するグラミー賞が、今後その体質を変化させることはあるのだろうか。

related

2021年グラミー賞の受賞者が発表|Megan Thee Stallionが最優秀新人賞、H.E.R.が最優秀楽曲賞を受賞

今年もいよいよ幕を開けたグラミー賞の授賞式。以前よりそのノミネーションが批判の対象となり、The weekndがボイコットを表明するなど例年と比べ波乱の展開を見せた今年のグラミー賞だが、その受賞者が発表となった。

Calvin Kleinの春のキャンペーンにMegan Thee Stallion、Koffee、Rina Sawayama、Sage Elsesserなどが登場

Calvin Kleinがジーンズとアンダーウェアの春のグローバルキャンペーン『Blank Canvas』を公開した。

Megan Thee StallionがJay-Zからホットな女性になるためのアドバイスを受けたと明かす

Cardi Bとの大ヒット曲“WAP”や先月発表された新作『Good News』など、押しも押される勢いで活動を続けるMegan Thee Stallion。そんな彼女が、自身の所属レーベルRoc NationのオーナーであるJay-Zから貴重なアドバイスを受けたことを明かしている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。