Jay-ZがTravis Scottにスーパーボウルのハーフタイムショーに出ないでほしいと説得か

スーパーボウルといえばアメリカ最大級のスポーツイベントであり、そのハーフタイムショーには毎年ビッグなアーティストが出演することで有名だ。

そして、来年2月にアトランタで開催されるスーパーボウルのハーフタイムショーにはすでにMaroon 5が出演することが決定しているが、現在彼らはそのハーフタイムショーに迎えるゲストアーティスト探しに難航していると伝えられていた。

そんな中、今年ニューアルバム『Astroworld』をリリースしたTravis ScottがMaroon 5とともにハーフタイムショーに出演するのではとVarietyが伝えている。

アメリカにおける人種差別などの問題に抗議し、国歌斉唱の際の起立を拒否したNFL選手コリン・キャパニックへの支持表明のためRihannaが出演オファーを拒否したことから始まり、ラッパーを含め多くのアーティストが抗議の姿勢を表明したことで物議を醸していたスーパーボウルだがここに来てラッパーの、しかもTravis Scottが出演することが報じられたのだ。

もちろんこのニュースには多くのアーティストが反感を示しており、Jay-Zもその1人のようだ。Varietyによると、Jay-ZはTravisにハーフタイムショーへの出演を辞めるよう説得しようとしているそう。

また、Meek Millもこのニュースに対し、否定的な姿勢を取っているようで、自身のTwitterにてこのようにツイート。


Meekは「彼はもうすでに素晴らしいから出演する必要はない!強くあれ!」とTravisがハーフタイムショーに出る必要性はないと述べている。

ハーフタイムショーにはTravisの他にCardi B、アトランタのレジェンドOutKastのBig Boiが出演することが噂されているが、この騒動が落ち着くことは当分なさそうだ。Travisは本当にハーフタイムショーに出演するのだろうか。答えは来年の2月3日に明らかになる。

RELATED

Jay-Zがアリゾナ州フェニックスで警察から銃で脅迫を受けた家族のために弁護士を雇う

アメリカでは、警察による有色人種への差別や不当な取り調べが長らく問題視され続けている。先月、アリゾナ州フェニックスである家族が警察によって理不尽な取り調べを受けた上に銃で脅迫された事件が発生し、その解決のためにJay-Zが動いているようだ。

Jay-Zが史上初の10億ドルの総資産を持つラッパーになったことが明らかに

自身のレーベルRoc-NationやストリーミングサービスTidalなど、音楽だけでなく様々な事業で成功を収めているJay-Z。そんな彼が、ラッパーとして初めての億万長者になったことが明らかになった。

アラバマ州の妊娠中絶禁止法成立を受けてTravis Scottがグッズの売り上げを全て妊娠中絶を行うNPOに寄付することを発表

先日、アラバマ州で成立した妊娠中絶禁止法。性犯罪による望まない妊娠を含め妊娠中絶を完全に禁止するこの法律に対しRihanna、Lady Gaga、Billie Eilishを始めとする女性アーティストたちが抗議の声を上げていることが報じられているが、そんな中Travis Scottが自身のマーチャンダイズの売り上げを全て妊娠中絶や経口避妊薬の処方を行うNPO団体Planned Parenthoodに寄付することを発表した。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。