Maroon 5がスーパーボウルハーフタイムショーでゲストに迎えるアーティストを見つけられていないことが明らかに

Rihannaの辞退など紆余曲折の末に、Maroon 5が出演することに決まった来年のスーパーボウルハーフタイムショー。そんなMaroon 5が、現在ハーフタイムショーにてゲストに迎えるアーティストのオファーに難航していることが伝えられている。

Rihannaを始めハーフタイムショーの出演を固辞するアーティストたちは、みな人種差別に抗議し国歌斉唱の際起立しなかったコリン・キャパニック選手への支持を表明している。ハーフタイムショーに出演することでNFLを支援し、人種差別に加担してしまうという考えから多くのアーティストが出演を渋っているようだ。US Weeklyが報じるところによると、Maroon 5側は当初“Girls Like You”でフィーチャーしたCardi Bをゲストに迎えられることを想定していたが、Cardi Bはオファーに曖昧な返事をしており出演が確定した状態ではないのだという。

Maroon 5には現在、ハーフタイムショーの出演をキャンセルすることを求める署名が集まっている。12月14日午後の時点で72000人以上が署名しており、目標の75000人に到達しそうな勢いだ。署名は「Maroon 5が人種差別に加担しないでほしい」と考えたファンによって開始されたものだが、Maroon 5に出演を取りやめる意思はなさそうだ。

来年のスーパーボウルはアトランタで開催されるため、ハーフタイムショーにヒップホップアーティストの出演を望むも多く集まっていた。Cardi Bの出演が怪しくなってしまった今ラッパーの出演は期待出来ないが、Maroon 5と共にステージに立つゲストアーティストは果たして見つかるのだろうか?

RELATED

「Nicki Minajとの仲直りはあるか?」と尋ねられたCardi Bが沈黙のまま不敵な笑みを浮かべ続ける

今月12日に開催されたイベントSwisher Sweets Artist ProjectでVarietyがCardi Bに対してインタビューを行った。その中でインタビュアーは、去年からビーフ状態にあるNicki Minajとの関係に踏み込んだそうだ。

Cardi Bが「ここ2年間自分が自分じゃなかった気がして悲しい」と語る

今やアメリカの音楽シーンを代表するスーパースターとなったCardi B。チャート上の記録も数多く打ち立て絶好調とも言えるキャリアを歩んでいる彼女だが、スターでいることに苦しみも抱えているようだ。

Cardi Bが自身のキャッチフレーズ「Okurrr!」を商標登録へ

Jay-Zならば「Hov!」、Lil Pumpならば「Eskeetit!」など今も昔も人気ラッパーは自身のトレードマークともいえるキャッチフレーズを持っていることが多い。また、そのキャッチフレーズはリスナーに自身を印象づける強力な武器にもなる。今では大人気フィメールラッパーとしての地位を確立したCardi Bも「Okurrr!」という特徴的なキャッチフレーズを持っているが、そんな彼女が「Okurrr!」を商標登録しようと動いているようだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。