Cardi Bがコメディ映画『Assisted Living』の主演を務めることが明らかに

昨年もMegan Thee Stallionとの“WAP”が大ヒットするなど大活躍を見せたCardi B。そんな彼女が、映画界でも大スターになろうとしているようだ。

Complexによると、Cardi Bがパラマウント製作の映画『Assisted Living』にて主演を務めることがVarietyによって報じられた。

『Assisted Living』はコメディ映画で、Cardi Bは強盗に入ったことでトラブルに巻き込まれる主人公Amberを演じるとのこと。Amberが警察やかつての仲間から逃げ回る内に、老婆の姿に変装し、別居中の祖母が入居する老人ホームに身を隠すことになるというあらすじだ。

Cardi Bが映画に出演するのはこれが初めてではなく、日本では昨年公開された映画『ハスラーズ』でも存在感抜群の好演を見せていた。彼女が主演を務める『Assisted Living』の仕上がりも気になるところだが、同作は「『トッツィー』や『天使にラブソングを』にも匹敵する、賑やかなコメディ」であるという。

Cardi B主演の『Assisted Living』、是非とも日本公開を待ちたいところである。

related

トランプ支持者が連邦議会議事堂に侵入したことについてCardi Bが「皮肉が効いてる」とリアクション

アメリカでは今日、バイデン次期大統領の当選を承認する手続きを行なっていた連邦議会議事堂に多くのトランプ支持者が乱入するという前代未聞の騒動が起こった。トランプ支持者たちは警備を破って建物内に侵入、議事堂内では一人が銃撃を受け死亡するという事態にも発展。現在は暴徒たちが排除され審議が再開されたと報じられているが、この一件について、以前よりドナルド・トランプを一貫して批判してきたCardi Bがリアクションしている。

Snoop DoggがCardi BとMegan Thee Stallionの“WAP”を批判|Offsetは「女性がやることに男性が踏み入るべきじゃない」と反論

今年を代表するヒット曲となったCardi BとMegan Thee Stallionの“WAP”。そのあまりにセクシャルなリリックにより保守的な層から批判を浴びたことも話題を呼んだが、今回、あのSnoop Doggが“WAP”に苦言を呈し話題を呼んでいる。

ReebokとCardi Bの新コレクション『Reebok Club C Cardi』が本日発売

ReebokとCardi Bの新コレクション『Reebok Club C Cardi』が10月12日(月)よりReebokオンラインショップにて発売される。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。