2019年スーパーボウルハーフタイムショーが予定通り開催されるも賛否両論を呼ぶ

人種差別に抗議したコリン・キャパニック選手が自由契約となったことに端を発し、波乱続きとなった2019年スーパーボウルハーフタイムショーが今日放送された。

Travis Scottのハーフタイムショー出演をCommonが「出て欲しくなかった」と批判

人種差別への抗議活動を行ったNFL選手コリン・キャパニック選手への支持を表明したアーティストたちによってボイコットが行われた今年度のスーパーボウルハーフタイムショー。現在出演が決定しているのはMaroon 5とBig boi、そしてTravis Scottだが、Travis Scottの出演に対してCommonが持論を述べている。

Travis Scottがスーパーボウルハーフタイムショーに出演する条件としてNFLにチャリティーへの参加を要求

何かと物議を醸している今年度のスーパーボウルハーフタイムショーに、Travis Scottの出演が決定している。Travis Scottの出演は昨年の12月頃にアナウンスされており、Jay-Zによって出演をキャンセルするよう説得が行われたことも話題となっていた。最終的にTravis Scottは出演に同意したようだが、その条件としてNFLに社会貢献への参加を呼びかけているようだ。

Cardi BがMaroon 5のスーパーボウルハーフタイムショーセットへの出演をキャンセルすることが明らかに

何かと物議を醸している来年のNFLスーパーボウルハーフタイムショー。出演が予定されているMaroon 5の降板を求める署名が集まり、また彼らがゲストアーティストのオファーに難航していることが報じられているが、大ヒット曲“Girls Like You”にフィーチャーされておりハーフタイムショーへの出演も見込まれていたCardi Bのキャンセルが公式にアナウンスされた。

Maroon 5がスーパーボウルハーフタイムショーでゲストに迎えるアーティストを見つけられていないことが明らかに

Rihannaの辞退など紆余曲折の末に、Maroon 5が出演することに決まった来年のスーパーボウルハーフタイムショー。そんなMaroon 5が、現在ハーフタイムショーにてゲストに迎えるアーティストのオファーに難航していることが伝えられている。

Maroon 5の2019年スーパーボウルハーフタイムショー降板を望む数千人による署名が集まる

来年はアトランタで開催されるアメリカ最大のイベントNFLスーパーボウル。目玉となるハーフタイムショーは毎年世界中から大きな注目が集まる恒例行事だが、そのオファーをRihannaが断ったことで来年度は波乱の展開を迎えている。Rihannaの代わりに出演するのはMaroon 5とCardi Bだということが明らかになっているが、現在Maroon 5の降板を望む数千の署名が集まっているという。
もっと見る