Cardi BがMaroon 5のスーパーボウルハーフタイムショーセットへの出演をキャンセルすることが明らかに

何かと物議を醸している来年のNFLスーパーボウルハーフタイムショー。出演が予定されているMaroon 5の降板を求める署名が集まり、また彼らがゲストアーティストのオファーに難航していることが報じられているが、大ヒット曲“Girls Like You”にフィーチャーされておりハーフタイムショーへの出演も見込まれていたCardi Bのキャンセルが公式にアナウンスされた。

Cardi BのスポークスマンがPage Sixにて発表した声明は「彼女はコリン・キャパニック選手を巡る運動に共感しているため、ハーフタイムショーに興味を抱いていません。オファーにはイエスともノーとも言っていませんが、その日は確かにBruno Marsとのライブに出演する予定が入っています」というもので、彼女が出演を実質キャンセルしていることが分かる。今回の騒動は人種差別に抗議し、国家斉唱の際不起立を行なったコリン・キャパニック選手がNFLによって自由契約にされたことを契機に始まったもので、Rihannaを始めハーフタイムショーのボイコットを発表しているアーティストはいずれもキャパニック選手の支持を発表している。そんな中出演しようとしているMaroon 5に非難の声が上がっている訳だが、やはりCardi Bも出演することは難しかったようだ。

アトランタにて開催予定の第53回スーパーボウル。ヒップホップアクトとしてはTravis Scottの参加がアナウンスされたが、Jay-ZやMeek Millなど多くのアーティストが彼のボイコットを望んでいる。

果たして、来年のハーフタイムショーにはMaroon 5が単独で出演することになるのだろうか?

related

Cardi Bが自身の体について誹謗中傷を寄せるネットユーザーに「放っておいて」とメッセージを送る

バーニー・サンダースを積極的に支持し、ここ最近では「Black Lives Matter」運動に関する積極的な情報発信も行なっているCardi B。そんな彼女に対し、残念ながら容姿や身体についての誹謗中傷の声を寄せるインターネットユーザーが存在することはこれまでも報じられてきたが、またしてもそのような行為に及ぶアンチに対し彼女が行った反論が話題を呼んでいる。

ミネアポリスで無抵抗の黒人男性が警察官に窒息死させられた事件に対しMeek MillやBillie Eilish、Cardi B、Snoop Doggらが抗議の意を表明

ミネアポリスで非武装、無抵抗の黒人男性が警察官に不当な拘束を受けている最中に窒息死した事件。現在ミネアポリスでは抗議運動が大規模なデモに発展しているが、問題の事件についてアーティストも次々と抗議の声を上げている。

Lil Uzi Vert、Cardi B、Wiz Khalifa、Anderson .Paak、Bruno Mars、故Nipsey Hussleなどによるパフォーマンスを観ることができるバーチャルフェスが開催

ワーナー・ミュージック・グループは、WHO(世界保健機関)と国連財団が設立した「COVID-19連帯対応基金」を支援するため、初のバーチャル·ミュージック·フェスティバル『PlayOn Fest』を今週末に開催する。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。