Chance The Rapperが「俺はJay-Zがプロデュースするハーフタイムショーには出ない」と発言

人種差別に抗議したコリン・キャパニック選手の処遇が批判を浴びたNFL。それに伴い昨年のスーパーボウルハーフタイムショーでは多くのアーティストが出演を拒否したことが報じられた。その打開策としてNFLはJay-ZとRoc-Nationにハーフタイムショーのプロデュースを任せたようだが、それでも出演に意欲を示さないアーティストはいるようだ。

ラジオ番組The Breakfast Clubに出演したChance The Rapperが、ハーフタイムショーに話題が及んだ際に出演の意思と予定が無いことを明かした。彼は「俺は出ないし、誰からも話は来てないよ。スーパーボウルは俺がやるべきことだと思わない。今は変わるべきことが沢山あると思うし、それに取り組んでいるし、助けてくれる人も沢山いると思う。サポートしてくれたJay-Zには感謝したいけど、個人的にやらなきゃいけないことがあるんだ。それは他の人を変えたりエンパワーするものだと思うけど、スーパーボウルとは関係ない」として、Jay-Zを支持はするものの自身はハーフタイムショーと関係の無いところで動き続けたいと語っている。

XXLによるとJay-ZとNFLの契約は物議を醸しており、NFLが批判を浴びるきっかけとなったキャパニック選手側の弁護士はJay-Zを「冷血」と呼び、彼がNFLの体質を変えるために動いていないことを指摘している。Chance The Rapperが必ずしもNFLの抗議のために先の発言を行ったのかどうかは分からないが、NFLが人種差別に加担しているというイメージを払拭することは難しそうだ。

Chance The Rapperが出演したThe Breakfast Clubはこちらから観ることが出来る。

related

Chance The RapperやYGがKanye Westの大統領選出馬を支持すると発言

先日、新党「Birthday Party」を立ち上げ大統領選に出馬する意向を改めて表明したKanye West。人工妊娠中絶や反ワクチンの思想を大々的に表明したことで物議を醸しているKanyeの政界進出だが、Chance The Rapperが彼を支持すると発言し話題を呼んでいる。

J. Coleが新曲“Snow On Tha Bluff”でBLMについて声をあげるNonameをディスしたと話題になる | Earl SweatshirtやChance The RapperらはJ. Coleを批判

今週、突如として新曲“Snow On Tha Bluff”をサプライズリリースしたJ. Cole。現在世界的に盛り上がりを見せている「Black Lives Matter」運動や警察による暴力について言及しながらも、それに対して自身の力が及ばないことを吐露したこの楽曲は大きな話題を呼んでいるが、リリックの中にシカゴのラッパーNonameをディスしたと思われるラインが含まれていることでファンは騒然となった。彼女に宛てたと思われるラインは一部のファンから批判を寄せられるにまで至っているが、そのような状況に対し様々なアーティストが反応している。

RihannaとJay-Zが新型コロナウイルス被害の救援のため200万ドルを寄付

世界的に猛威を振るい、各国でロックダウンが行われるなど深刻な被害を出している新型コロナウイルス。経済的な意味でも打撃を与えている中、Jay-ZとRihannaが救援のために寄付を申し出たことが話題を呼んでいる。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。