Jay-Zが自身のマリファナブランド「Monogram」から1本50ドルのジョイントを発売

10月末、自身のマリファナブランド「Monogram」のローンチが発表されたJay-Z。今回、そんな「Monogram」から発売される商品の詳細が明らかになった。

XXLが報じるところによると、「Monogram」の公式サイトにて一本50ドル(約5200円)のジョイントを含む複数の商品の発売が開始。ジョイントは「OG Handroll」と名付けられており、高度な訓練を受けた専門家がバッズを手でほぐし、同ブランドの栽培を請け負うDeAndre Watson氏が考案した方法で巻かれているという。商品には「プレミアムな葉巻を吸う体験からインスピレーションを得て、独自のロール技術を導入し、花がゆっくりと均等に燃焼することを可能にしています」と説明されている。

ジョイント一本が50ドルというのはなかなか強気の価格設定だが、その分Jay-Zや「Monogram」に関わる人々のこだわりが詰まった商品となっているのだろう。

またそれぞれ0.4グラムのマリファナを詰めたジョイントが4本入った「Loosie Preroll Pack」も販売されており、こちらは4本で40ドルという値段がつけられている。もちろんグラインドされる前のバッズも販売されており、2グラムで40ドル、4グラムで70ドルという価格だ。

さらに、「Monogram」のサイトではJay-ZによるストリーミングサービスTidalにて公開中の、同ブランドの栽培室をイメージしたプレイリストも聴くことが出来る。Fela KutiやScarface、Bob Marleyなど、様々なアーティストの楽曲が収録されている。

「Monogram」は「慎重な品種選択、綿密な栽培、妥協の無い品質により、今日の顧客にとっての大麻の意味を再定義しようとしています」という理念のもと設立されていたが、実際の品質がどれほどのものか気になるところだ。

related

Richardsonがカリフォルニアの最も大胆な大麻企業Alien Labとコラボレーション

RichardsonがAlien Labとコラボレーションし、2021年10月30日(土)よりカプセルコレクションを発売する。 Alien Labsは、カリフォルニアの最も大胆な大麻企業の一つであり、世界的な現象としていち早く大麻文化をブランド化した企業の一つである。 本コレク...

ニューヨークでマリファナの娯楽目的での使用が合法化へ|州知事と州議会が合意

世界的にマリファナの解禁が進められつつある昨今。特にアメリカでは多くの州がマリファナの非犯罪化、合法化に踏み切っているが、そんな中、ついにニューヨーク州でマリファナの娯楽目的での使用と販売が合法化されることが決まった。

Jay-Zがマリファナビジネスに参入するマイノリティをサポートする基金を立ち上げる

昨年、自身のマリファナブランド「Monogram」を立ち上げたJay-Z。そんな彼が、新たにマイノリティが経営するマリファナのスタートアップ企業に投資するための基金を立ち上げたことが報じられている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。