ニューヨークでマリファナの娯楽目的での使用が合法化へ|州知事と州議会が合意

世界的にマリファナの解禁が進められつつある昨今。特にアメリカでは多くの州がマリファナの非犯罪化、合法化に踏み切っているが、そんな中、ついにニューヨーク州でマリファナの娯楽目的での使用と販売が合法化されることが決まった。

AP通信が報じるところによると先週土曜、ニューヨーク州のクオモ知事と州議会が、21歳以上の成人によるマリファナの娯楽目的での使用を合法化する法案に正式に合意。既存の医療用大麻のプログラムを拡大し、娯楽目的での販売のライセンスと課税のシステムを確率することが目的とされており、今週火曜に採決、4月1日までに予算の編成を進めるべく水曜日に予算案の投票が予定されている。

クオモ州知事はマリファナの合法化によりニューヨーク州に年間約3億5000万ドル(約383億円)の利益がもたらされるとの見積もりを発表しており、また今回の法案を提出した上院財務委員会委員長のリズ・クルーガー上院議員は「私がこの法案を提出した目的は、州内の有色人種コミュニティに大きな打撃を与える人種差別的なマリファナ禁止法を終わらせ、合法化によって得られる経済的な利益を利用してコミュニティを回復させることです」と、マリファナの使用や販売を合法化することで利益が得られるほか人種間の格差の是正にも繋がるという見解を発表している。マリファナが禁止されるに至る歴史と人種差別との関係はこちらを参照して欲しい。

ニューヨーク州に住む21歳以上はマリファナの使用、販売のほか、個人での使用を目的とした栽培も、成熟した株と未成熟の株をそれぞれ三本ずつまで認められることとなる。また3オンス(約85グラム)以下のマリファナの所持に課せられる罰則は撤廃され、過去に大麻が関連する犯罪で有罪判決を受けた人々の記録も抹消されることとなる。

法案は可決ののち直ちに発効となるが、販売の開始はニューヨーク州側が規則と委員会を正式に作成した後となり、販売開始まで1年半から2年が予定されているという。

大麻の合法化に向けた大きな一歩をまたもや踏み出したアメリカ。世界的に当然の流れとなっているマリファナの解禁に日本は大きく遅れを取っているが、いずれにせよ、今回のニューヨーク州の決定が明るいニュースであることは間違いない。

related

Jay-Zがマリファナビジネスに参入するマイノリティをサポートする基金を立ち上げる

昨年、自身のマリファナブランド「Monogram」を立ち上げたJay-Z。そんな彼が、新たにマイノリティが経営するマリファナのスタートアップ企業に投資するための基金を立ち上げたことが報じられている。

薬物取り締まり強化と大麻使用罪の創設に反対する署名がスタート

アメリカを始めとする世界各国で大麻の所持や使用の非犯罪化、合法化が進められる昨今。ここ日本では依然として大麻の所持が違法となっているが、現行の大麻取締法では大麻の「使用」自体は禁じられていなかった。そんな中、厚生労働省が今月大麻規制のあり方を見直す有識者会議を設置し、大麻の使用に罰則を設けることを検討していることが報じられた。今回、大麻使用罪の創設、及び薬物取締りの強化に反対する署名がスタートしている。

Jay-Zが自身のマリファナブランド「Monogram」から1本50ドルのジョイントを発売

10月末、自身のマリファナブランド「Monogram」のローンチが発表されたJay-Z。今回、そんな「Monogram」から発売される商品の詳細が明らかになった。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。