ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京になってしまったら?」というテーマで制作された「世界東京化計画」というビデオ作品がヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで現在展示されて好評を得ている。

渋谷にある石井大五+フューチャースケープ建築設計事務所がこれらの作品を制作し、ビエンナーレに出展した。

「もし都市がもつイメージや記号が、ある場所からある場所に移された時に、その記号がもつイメージはどうなるか?」、「2つの都市が合わさって、新しくできたランドスケープはどのようなものになるのか?」など、ローカルの概念や都市のイメージを問いなおす作品となっている。

石井大五+フューチャースケープ建築設計事務所はこの作品を以下のように紹介している。

都市のイメージやローカリティーは、考えているほど確固としたものではなく、容易に置き換え可能かもしれない、ということで、6都市の交換可能な部分を、東京のエレメントに交換し、東京に変容するかを試してみる、という作品です。ニューヨーク、パリ、ブエノスアイレス、コペンハーゲン、ラパス、ベネチアを対象としました。ふつうの街の風景に、東京のエレメントが少しずつ加わり、最後には、東京らしい街が出現します。

Daigo ishii future scape architects worldwide tokyo lization project venice architecture biennale designbooom 1800

ニューヨーク

Daigo ishii future scape architects worldwide tokyo lization project venice architecture biennale designbooom 01

アルゼンチン・ブエノスアイレス

Daigo ishii future scape architects worldwide tokyo lization project venice architecture biennale designbooom 02

デンマーク・コペンハーゲン

Daigo ishii future scape architects worldwide tokyo lization project venice architecture biennale designbooom 03

フランス・パリ

Daigo ishii future scape architects worldwide tokyo lization project venice architecture biennale designbooom 04

ボリヴィア・ラパス

Daigo ishii future scape architects worldwide tokyo lization project venice architecture biennale designbooom 05

イタリア・ベネチア

via designboom

RELATED

KAWSの巨大アートプロジェクトが富士山の麓に登場

香港を拠点とするクリエイティブスタジオAllRightsReservedとKAWSがタッグを組んだプロジェクト『KAWS:HOLIDAY』。

ヘザー・ベンジャミンの日本初となる個展『Burden of Blossom』がgallery communeにて開催中

ロマンスとカタルシスをもって真正面からタブーに立ち向かい、力強くも繊細な作風で支持を集めるアメリカのアーティスト ヘザー・ベンジャミンの日本初となる個展『Burden of Blossom』が、gallery communeにて開催中だ。

映像作家のAsako FujikuraによるDJとのコラボイベントがConnectで開催

現代の都市に存在する原始的な呪術性を見出すことをテーマに活動する映像作家のAsako Fujikuraによる映像と、バラエティに富んだDJ陣によるコラボレーション企画が渋谷の新スペースConnectで6/8(土)に開催される。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ドラッグを摂取してIKEAの家具を作るドキュメンタリー『HIKEA』の背景とは?

ヨーロッパ発祥で日本でも人気の家具量販店『IKEA』は、低価格でありながらオシャレなデザインの家具が多く世界中で愛用されている。しかしながら 『IKEA』家具の特徴は全て自分で組み立てなければならないDIY式であること。その組み立てが相当複雑で難しく誰もが苦戦することでお馴染み。