Snoop Dogg

ラッパーのルックスをおばあちゃんが評価する動画が話題|Snoop Doggには15点、DaBabyには1点

ラッパーを好きになる要素として、その人物の佇まいやファッションは小さくない部分を占める。誰しもルックスにはそれぞれの好みを持っているものだが、それは高齢の方にとっても同じであるようだ。

Snoop DoggがCardi BとMegan Thee Stallionの“WAP”を批判|Offsetは「女性がやることに男性が踏み入るべきじゃない」と反論

今年を代表するヒット曲となったCardi BとMegan Thee Stallionの“WAP”。そのあまりにセクシャルなリリックにより保守的な層から批判を浴びたことも話題を呼んだが、今回、あのSnoop Doggが“WAP”に苦言を呈し話題を呼んでいる。

Snoop Doggが人生で初めて選挙人登録に挑戦する動画を公開

11月に迫るアメリカ大統領選挙の投票日。日本と異なりアメリカでは選挙に投票するにあたって自ら有権者登録をする必要があり、その選挙人登録を行わず投票にも行かない者の多さが問題視されてきた。そんな中、自らもこれまで一度も投票に行ったことが無かったというSnoop Doggが、生まれて初めて選挙人登録に挑戦する動画を公開した。

Snoop Doggがジンのブランド『Indoggo gin』をスタート

言わずと知れた西海岸のレジェンドSnoop Dogg。これまで様々なビジネスに関わって来た彼が、今度は酒造業界に参入するようだ。

Snoop DoggがKanye West、Dr. Dreとのレコーディングの模様を公開

先日はGAPとのコレボレーションを発表するなど、精力的な活動を再開しつつあるKanye West。そんな彼がDr. Dre、そしてSnoop Doggとのレコーディングを行っていたことが明らかになった。

ミネアポリスで無抵抗の黒人男性が警察官に窒息死させられた事件に対しMeek MillやBillie Eilish、Cardi B、Snoop Doggらが抗議の意を表明

ミネアポリスで非武装、無抵抗の黒人男性が警察官に不当な拘束を受けている最中に窒息死した事件。現在ミネアポリスでは抗議運動が大規模なデモに発展しているが、問題の事件についてアーティストも次々と抗議の声を上げている。

6ix9ineとAkonがInstagram上でバトルを開催|自身を批判してきたSnoop Doggへの煽りも行う

4月頭に釈放され、今月に入ってから新曲をリリースしSNSでの煽りも再開するなど活動を活発化させている6ix9ine。そんな彼が、ベテランR&BシンガーのAkonと突如Instagramライブでバトルを開催すると発表した。

自宅待機の中Snoop DoggやWiz Khalifaらが大麻デーである4月20日を祝福|タイトルが大麻を意味するDr. Dreの名作『The Chronic』もストリーミング解禁

毎年4月20日は大麻を意味する「420」に因んだ大麻の日。マリファナを愛する多くのヒップホップアーティストたちがこの日を祝福するのは毎年の恒例行事となっている。アメリカでは現在新型コロナウイルスの影響で多くの人々が自宅待機を強いられているが、そんな中で今年も様々なアーティストが各々のやり方で4月20日を祝っている。

ブッキングしていないアーティストを出演者として発表した音楽フェスが問題に

悪名高き『FYRE Festival』を筆頭に、大きな音楽フェスを運営する際はトラブルが発生してしまうことも多い。そんな中、とあるフェスがブッキングしていないアーティストを出演者として発表していることが問題となっている。

Snoop Doggのヒット曲を子守唄風にアレンジしたアルバム『Lullaby Renditions of Snoop Dogg』がリリース

言わずと知れた西海岸のOG、Snoop Dogg。大人から若者まで幅広い世代からの人気を誇る彼の楽曲が、なんと赤ちゃんの子守唄として生まれ変わるようだ。

Snoop Doggが無名のブッキングエージェントを人種差別者だとして激しく批判する

11月11日、Snoop Doggは自身のInstagramに動画を投稿し、その中で無名のブッキングエージェントを人種差別主義者だとして激しく批判した。

Snoop Doggがマリファナの規制に関する議論においてマイノリティーを考慮した条項が必要だと語る

ここ数年いくつかの国でマリファナの合法化が進む中で、様々な立場から合法化に対しての是非が議論されている。FNMNLでも幾度に渡ってマリファナを楽しむ姿を紹介してきたSnoop Doggが今回、マリファナに関するパネルディスカッションに出席し、その中でマリファナ産業においてマイノリティーを考慮した条項...

Snoop Doggが「TDEはDeath Row Recordsをより良くしたバージョン」だと語る

1990年代の西海岸を代表するレーベルであるDeath Row Records。2pacらと共にDeath Row出身アーティストの代表であるSnoop Doggが、現在の西海岸で独自の地位を築きKendrick LamarやScHoolboy Qらが所属するレーベルTop Dawg Entertainment(TDE)をDeath Rowと比較したことが話題を呼んでいる。

Snoop Doggが自分専用のブラント巻き係を募集|フルタイム労働で年収4万ドルから5万ドル保証、マリファナ吸い放題の特典つき

ヒップホップシーンきってのマリファナ愛好家として知られるSnoop Dogg。かなりの頻度でマリファナを吸っている彼が、まさかの募集をかけ話題を呼んでいる。

大学バスケの試合に呼ばれたSnoop Doggがコートにポールダンサーを登場させ批判を浴びる

バスケットボールの名門校として知られるカンザス大学。そこで毎年シーズンの始めに開催される試合『Late Night in the Phog』に、Snoop Doggがゲスト出演した。しかし、そこでの彼のパフォーマンスが問題となってしまったようだ。
もっと見る