大学バスケの試合に呼ばれたSnoop Doggがコートにポールダンサーを登場させ批判を浴びる

バスケットボールの名門校として知られるカンザス大学。そこで毎年シーズンの始めに開催される試合『Late Night in the Phog』に、Snoop Doggがゲスト出演した。しかし、そこでの彼のパフォーマンスが問題となってしまったようだ。

Complexによると、Snoop Doggは大勢の大学バスケファンたちが見守る中コートの中心でライブを披露。そこで彼は、演出として4名のポールダンサーを呼び込み、彼女たちが踊り狂う中でパフォーマンスを行なったのである。

セクシーな動きを見せるポールダンサーたちに囲まれ、カースワードを存分に用いたラップを披露したSnoop Doggに観客は盛り上がったが、大学側は怒り心頭。代表者であるJeff Long氏は今回の件について「我々は事前に出演者のマネジメントに対しクリーンバージョンでのライブを依頼しており、バスケットボールの試合が見逃されないようにアーティストの出番を最後にするなど、ファンとのコミュニケーションを取るために様々な措置を講じました。しかし、公演の細部に至るまでを徹底的に吟味しなかったことの全責任を負い、気分を害した方々に私個人から謝罪を申し上げます。カンザスにおいて家族のような雰囲気を作り上げようと尽力しましたが、今回のイベントでは成功しませんでした」と謝罪の声明文を発表している。

さらに大学バスケットボールのアナリストであるSeth Greenberg氏もSnoop Doggのパフォーマンスについて「恥である」として批判の動画を作成するなど、反発を受ける結果となってしまった。

ポールダンスを参加させたド派手な演出はSnoop Doggというアーティストの魅力を存分に伝えるものだが、大学バスケというお堅いイベントの建前にはそぐわない物だったのかもしれない。

related

NBAスーパースターのレブロン・ジェームス主演映画『スペース・プレイヤーズ』とBAITのコラボアイテムが日本初登場

カリフォルニア発のカルチャーショップBAITと、8月27日(金)公開の映画『スペース・プレイヤーズ』のコラボレーションアイテムが、8月20日(金)より発売となる。 『スペース・プレイヤーズ』は、1996年にマイケル・ジョーダン主演により大ヒットした映画『スペース・ジャム』の待望の続編...

ラッパーのルックスをおばあちゃんが評価する動画が話題|Snoop Doggには15点、DaBabyには1点

ラッパーを好きになる要素として、その人物の佇まいやファッションは小さくない部分を占める。誰しもルックスにはそれぞれの好みを持っているものだが、それは高齢の方にとっても同じであるようだ。

Snoop DoggがCardi BとMegan Thee Stallionの“WAP”を批判|Offsetは「女性がやることに男性が踏み入るべきじゃない」と反論

今年を代表するヒット曲となったCardi BとMegan Thee Stallionの“WAP”。そのあまりにセクシャルなリリックにより保守的な層から批判を浴びたことも話題を呼んだが、今回、あのSnoop Doggが“WAP”に苦言を呈し話題を呼んでいる。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。