Snoop Doggが無名のブッキングエージェントを人種差別者だとして激しく批判する

11月11日、Snoop Doggは自身のInstagramに動画を投稿し、その中で無名のブッキングエージェントを人種差別主義者だとして激しく批判した。

 

この投稿をInstagramで見る

 

U know who u is. Bitch 🔥💥✨

snoopdogg(@snoopdogg)がシェアした投稿 -

動画内でSnoopは「音楽業界で黒人がブッキングエージェントとして成功する事を快く思っていないクソみたいなブッキングエージェントについて、いくつか話したい。」と語り出した。「俺はすぐにでもそいつの名前と所属してる会社をバラしてやるよ。黒人の成功を見たくないのか?俺が異なるエスニシティの人達と繋がってる事を理由に。俺がメキシコやラテンの人達と仕事してる事を理由に。黒や茶色。見たくないのか?クソみたいなシステムだな。うんざりだよ。」とエージェントの名前を伏せたまま怒りを露わにした。

 

related

ミネアポリスで無抵抗の黒人男性が警察官に窒息死させられた事件に対しMeek MillやBillie Eilish、Cardi B、Snoop Doggらが抗議の意を表明

ミネアポリスで非武装、無抵抗の黒人男性が警察官に不当な拘束を受けている最中に窒息死した事件。現在ミネアポリスでは抗議運動が大規模なデモに発展しているが、問題の事件についてアーティストも次々と抗議の声を上げている。

6ix9ineとAkonがInstagram上でバトルを開催|自身を批判してきたSnoop Doggへの煽りも行う

4月頭に釈放され、今月に入ってから新曲をリリースしSNSでの煽りも再開するなど活動を活発化させている6ix9ine。そんな彼が、ベテランR&BシンガーのAkonと突如Instagramライブでバトルを開催すると発表した。

自宅待機の中Snoop DoggやWiz Khalifaらが大麻デーである4月20日を祝福|タイトルが大麻を意味するDr. Dreの名作『The Chronic』もストリーミング解禁

毎年4月20日は大麻を意味する「420」に因んだ大麻の日。マリファナを愛する多くのヒップホップアーティストたちがこの日を祝福するのは毎年の恒例行事となっている。アメリカでは現在新型コロナウイルスの影響で多くの人々が自宅待機を強いられているが、そんな中で今年も様々なアーティストが各々のやり方で4月20日を祝っている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。