Snoop Doggが無名のブッキングエージェントを人種差別者だとして激しく批判する

11月11日、Snoop Doggは自身のInstagramに動画を投稿し、その中で無名のブッキングエージェントを人種差別主義者だとして激しく批判した。

 

この投稿をInstagramで見る

 

U know who u is. Bitch 🔥💥✨

snoopdogg(@snoopdogg)がシェアした投稿 -

動画内でSnoopは「音楽業界で黒人がブッキングエージェントとして成功する事を快く思っていないクソみたいなブッキングエージェントについて、いくつか話したい。」と語り出した。「俺はすぐにでもそいつの名前と所属してる会社をバラしてやるよ。黒人の成功を見たくないのか?俺が異なるエスニシティの人達と繋がってる事を理由に。俺がメキシコやラテンの人達と仕事してる事を理由に。黒や茶色。見たくないのか?クソみたいなシステムだな。うんざりだよ。」とエージェントの名前を伏せたまま怒りを露わにした。

 

related

ラッパーのルックスをおばあちゃんが評価する動画が話題|Snoop Doggには15点、DaBabyには1点

ラッパーを好きになる要素として、その人物の佇まいやファッションは小さくない部分を占める。誰しもルックスにはそれぞれの好みを持っているものだが、それは高齢の方にとっても同じであるようだ。

Snoop DoggがCardi BとMegan Thee Stallionの“WAP”を批判|Offsetは「女性がやることに男性が踏み入るべきじゃない」と反論

今年を代表するヒット曲となったCardi BとMegan Thee Stallionの“WAP”。そのあまりにセクシャルなリリックにより保守的な層から批判を浴びたことも話題を呼んだが、今回、あのSnoop Doggが“WAP”に苦言を呈し話題を呼んでいる。

Snoop Doggが人生で初めて選挙人登録に挑戦する動画を公開

11月に迫るアメリカ大統領選挙の投票日。日本と異なりアメリカでは選挙に投票するにあたって自ら有権者登録をする必要があり、その選挙人登録を行わず投票にも行かない者の多さが問題視されてきた。そんな中、自らもこれまで一度も投票に行ったことが無かったというSnoop Doggが、生まれて初めて選挙人登録に挑戦する動画を公開した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。