Snoop Doggが人生で初めて選挙人登録に挑戦する動画を公開

11月に迫るアメリカ大統領選挙の投票日。日本と異なりアメリカでは選挙に投票するにあたって自ら有権者登録をする必要があり、その選挙人登録を行わず投票にも行かない者の多さが問題視されてきた。そんな中、自らもこれまで一度も投票に行ったことが無かったというSnoop Doggが、生まれて初めて選挙人登録に挑戦する動画を公開した。

Complexによると、動画は昨日Snoop DoggのYouTubeチャンネルにて公開。いつものようにブラントを燻らせながら「今日は君たちに選挙人登録と投票のやり方を教えるよ」と語り、PCを用いて手続きを一つ一つこなしてゆく。

まずはカリフォルニア州の選挙人登録サイトにアクセスし、細かい規約を一つずつ確認。初めて選挙人登録のページにアクセスしたSnoop Doggは「素晴らしいな。初めてコイツ(ブラント)を吸った時みたいだ」とご満悦の様子だ。

その後も手続きを一つずつこなし、名前を登録する段階に至っては「俺の名字はみんな知ってるだろ?“Dogg”だ。でも、ここは本当の名字を登録しておくことにするよ」と快調なジョークを飛ばしている。

ブラント片手の作業でありながら手間取る様子は無く、彼は「見てみろよ、速いだろ?丸一日かかる訳じゃないんだ。投票に時間がかかって手間取ることなんて関係無い。俺たちは行動を起こし、実現させなきゃいけないんだ」と視聴者にも選挙人登録と投票を呼びかけた。

支持する政党を選択する段階に至り、彼は「俺はギャングスタ党に投票するよ」などとうそぶきながらも実際には民主党を選択する画面を公開。

見どころ満載の選挙人登録を終えたSnoop Doggは「こんな感じだ。シンプルで、早く終わるし、簡単だったよ。15分ぐらいで終わる。ちょっとした時間を使って、登録をするんだ。俺たちにはそれが必要なんだよ」と動画を締め括った。

選挙人登録という固い手続きでさえエンターテイメントにしてしまうSnoop Doggの人間力に驚かされると同時に、ユーモラスでありながら至って真剣なメッセージが発される動画となっている。全編はこちらから。

related

Snoop Doggがジンのブランド『Indoggo gin』をスタート

言わずと知れた西海岸のレジェンドSnoop Dogg。これまで様々なビジネスに関わって来た彼が、今度は酒造業界に参入するようだ。

Snoop DoggがKanye West、Dr. Dreとのレコーディングの模様を公開

先日はGAPとのコレボレーションを発表するなど、精力的な活動を再開しつつあるKanye West。そんな彼がDr. Dre、そしてSnoop Doggとのレコーディングを行っていたことが明らかになった。

ミネアポリスで無抵抗の黒人男性が警察官に窒息死させられた事件に対しMeek MillやBillie Eilish、Cardi B、Snoop Doggらが抗議の意を表明

ミネアポリスで非武装、無抵抗の黒人男性が警察官に不当な拘束を受けている最中に窒息死した事件。現在ミネアポリスでは抗議運動が大規模なデモに発展しているが、問題の事件についてアーティストも次々と抗議の声を上げている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。