Snoop Doggがジンのブランド『Indoggo gin』をスタート

言わずと知れた西海岸のレジェンドSnoop Dogg。これまで様々なビジネスに関わって来た彼が、今度は酒造業界に参入するようだ。

Complexが報じるところによると、Snoop Doggは今週水曜日、酒造メーカーのTrusted Spirits、Prestige Beverage Groupと提携し、自身のジンのブランド『Indoggo gin』をスタートすると発表。このジンはプレスリリースにて「D.O.Double G.のように滑らかな、グルテンフリーのお酒です」と紹介されている。なかなか味を想像しづらい表現だが、きっとSnoop Doggのフロウのような口当たりであるということなのだろう。

Snoop Doggとジンと言えばヒット曲“Gin & Juice”を連想させられるが、当の本人も「俺が作ったジンのリミックスを世界中の人に飲んでもらえるのが待ちきれないよ。1994年に書いた“Gin & Juice”良いフィーリングとリアルな経験についてのものだった。だから、自然と世界的なアンセムになったんだ」と語っている。

Trusted Spiritsの設立者であるKeenan Towns氏はSnoop Doggを「ジンの目利き」「ブランドに対する献身的な姿勢を持っている、完璧なパートナーです」と称賛しており、彼の名を冠するに相応しいジンを開発するために2年もの月日を要したと語っている。

日本でもクラフトジンが徐々に流行するなど、世界的に注目度が高まっているジン。Snoop Doggのファンの方もお酒好きの方も、この機会に『Indoggo gin』をチェックしてみてはいかが?

related

Snoop DoggがKanye West、Dr. Dreとのレコーディングの模様を公開

先日はGAPとのコレボレーションを発表するなど、精力的な活動を再開しつつあるKanye West。そんな彼がDr. Dre、そしてSnoop Doggとのレコーディングを行っていたことが明らかになった。

ミネアポリスで無抵抗の黒人男性が警察官に窒息死させられた事件に対しMeek MillやBillie Eilish、Cardi B、Snoop Doggらが抗議の意を表明

ミネアポリスで非武装、無抵抗の黒人男性が警察官に不当な拘束を受けている最中に窒息死した事件。現在ミネアポリスでは抗議運動が大規模なデモに発展しているが、問題の事件についてアーティストも次々と抗議の声を上げている。

6ix9ineとAkonがInstagram上でバトルを開催|自身を批判してきたSnoop Doggへの煽りも行う

4月頭に釈放され、今月に入ってから新曲をリリースしSNSでの煽りも再開するなど活動を活発化させている6ix9ine。そんな彼が、ベテランR&BシンガーのAkonと突如Instagramライブでバトルを開催すると発表した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。