Snoop Doggが「TDEはDeath Row Recordsをより良くしたバージョン」だと語る

1990年代の西海岸を代表するレーベルであるDeath Row Records。2pacらと共にDeath Row出身アーティストの代表であるSnoop Doggが、現在の西海岸で独自の地位を築きKendrick LamarやScHoolboy Qらが所属するレーベルTop Dawg Entertainment(TDE)をDeath Rowと比較したことが話題を呼んでいる。

XXLによると、Snoop Doggは先週土曜日にLAで開催されたREVOLT SummitでのTDEの座談会の司会を務めた。その際、彼が「TDEはDeath Row Recordsのより良いバージョンだ」と発言したことがTDEの社長であるTerrence “Punch” Andersonによって明かされている。

Death Row Recordsは2pacを始めとしたアーティストを世に送り出しウェッサイの地位を不動の物にしたことで知られる。しかし、同時にオーナーのSuge Knightの無法ぶりで悪名を轟かせ、DiddyやNotorious B.I.G.を擁し90年代の東海岸を代表するレーベルBad Boy Recordsと凄惨なヒップホップ東西抗争を繰り広げた。

TDEに所属するアーティストの多くは高いスキルと芸術性を持っており、Snoop Doggにとってはそれが全盛期のDeath Rowに在籍したアーティストと重なって見えたのかもしれない。もちろんTDEは暴力沙汰などのトラブルを起こしていないため、「Death Rowのより良いバージョン」という言葉にはそういった意味も含まれているのだろう。

TDEを代表するラッパーであるKendrick Lamarは「2pacの幽霊を見たことがある」と語るなど、かつてのDeath Rowのアーティストたちを非常に敬愛していることで知られる。今回のSnoop Doggの発言も、ウエストコーストヒップホップの系譜が脈々と続いていることを実感させられるものではないだろうか。

related

Snoop Doggが人生で初めて選挙人登録に挑戦する動画を公開

11月に迫るアメリカ大統領選挙の投票日。日本と異なりアメリカでは選挙に投票するにあたって自ら有権者登録をする必要があり、その選挙人登録を行わず投票にも行かない者の多さが問題視されてきた。そんな中、自らもこれまで一度も投票に行ったことが無かったというSnoop Doggが、生まれて初めて選挙人登録に挑戦する動画を公開した。

Snoop Doggがジンのブランド『Indoggo gin』をスタート

言わずと知れた西海岸のレジェンドSnoop Dogg。これまで様々なビジネスに関わって来た彼が、今度は酒造業界に参入するようだ。

Snoop DoggがKanye West、Dr. Dreとのレコーディングの模様を公開

先日はGAPとのコレボレーションを発表するなど、精力的な活動を再開しつつあるKanye West。そんな彼がDr. Dre、そしてSnoop Doggとのレコーディングを行っていたことが明らかになった。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。