Kendrick Lamarはかつて2Pacの幽霊を観たことがある?

ハロウィンも近づいてきた今日この頃。「幽霊を見たことがある」という怪談は世の中に数えきれないほどあるが、尊敬している人物の幽霊なら会ってみたいと思う人も多いのではないだろうか。

FaderにKendrick Lamarが2Pacの幽霊を観たことがあるというエピソードが掲載されている。

それによればKendrick Lamarは、デビューしたての頃に2Pacの幽霊を見た経験があるそうだ。21歳のKendrickは深夜スタジオから実家に帰った際、疲れて母親のソファーの上で寝てしまった。その夜、意識が朦朧としたKendrickが何者かの気配を感じ目を覚ますと、なんと2Pacのシルエットが見えたのだという。

以前にも夢の中で2Pacと話したことがあると語っていたKendrick。夢の中の2Pacは、Kendrickに「今やっていることを続けろ。俺の音楽を絶やすな」と語り掛けたそうで、その体験はKendrickに強い影響を及ぼしている。後日Kendrickは母親にそのことを話すと、自身の誕生日が2Pacと一日違いだということを教えられ、非常に喜んだそうだ。

かつて元Oasisのリアム・ギャラガーも「ジョンレノンの幽霊と会ったことがある」という経験を語っていたが、尊敬している人物のことを強く想っていればその幽霊と会うことが出来るのかもしれない。しかし、現在Suge Knightの息子が「2Pacはマレーシアで生きている」と主張しているが、もしそれが本当ならばKendrickが見たという幽霊は一体なんだったのだろうか?

related

Kendrick Lamarらによる新会社pgLangがCalvin Kleinとコラボしたショートフィルム8本を公開

昨年、Kendrick LamarやBaby Keem、ビデオディレクターのDave Freeらによって設立が報じられた新会社pgLang。そんな同社がCalvin Kleinとコラボして制作した8本のショートフィルムを先週公開した。

Kendrick Lamarのエンジニアが「彼には6枚アルバムを作れるだけの未発表曲がある」と明かす

長らく新作のリリースを待ち続けられているKendrick Lamar。アルバムは未リリースながらコンスタントに制作を行い続けているという彼は多数の未発表曲の存在が噂されているが、今回、彼のエンジニアをキャリア開始当初から務めているMixedByAliが未発表曲の数について語っている。

Kendrick Lamarが新作のリリースに時間がかかる理由を語る

長らく新作のリリースを待たれていながら未だ実現に至っていないKendrick Lamar。先日は所属レーベルTDEからの離脱の噂が報じられ(後に否定)話題を呼んだが、今回、そんな彼がインタビューの中で新作や新会社pgLangについて語っている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。