ミネアポリスで無抵抗の黒人男性が警察官に窒息死させられた事件に対しMeek MillやBillie Eilish、Cardi B、Snoop Doggらが抗議の意を表明

ミネアポリスで非武装、無抵抗の黒人男性が警察官に不当な拘束を受けている最中に窒息死した事件。現在ミネアポリスでは抗議運動が大規模なデモに発展しているが、問題の事件についてアーティストも次々と抗議の声を上げている。

事件は今週月曜、46歳のアフリカ系アメリカ人の男性George Floydさんをミネアポリス警察が取り調べている最中に発生した。既に手錠をかけられ無抵抗な状態だったFloydさんを警察は尋問のため地面に倒し、膝で首を押さえつけて拘束していた。Floydさんは呼吸が困難になり何度か「息が出来ない」と訴え、その後意識を失ってしまう。病院に搬送された後、Floydさんの死亡が確認された。

この事件に対し、多くの市民が抗議の声を上げ大規模なデモに発展。Complexによると、Meek MillやSnoop Doggも自身のSNSで抗議の意思を表明している。

Snoop Doggは事件の画像とNFLのコリン・キャパニック選手が人種差別に抗議し国歌斉唱の最中に膝をついた際の画像を組み合わせ「これがその理由だ」と綴られた画像をInstagramに投稿。

 

この投稿をInstagramで見る

 

👊🏿🙏🏽🌹 no justice just us🚔

snoopdogg(@snoopdogg)がシェアした投稿 -

またMeek Millも事件の詳細を報じるニュースをTwitterでシェア。警察官への抗議の声を上げている。

Cardi BもInstagramに「もう十分、この国にはもう疲れた」「お前たちは人々に恐怖を与えてるんじゃなくて、自分がどれだけ臆病者か示しているだけ。アメリカは自由の国なんかじゃない」と怒りの声を投稿。

Billie EilishもInstagramのストーリーに「アメリカで黒人であるということが死んでいい理由にはならない。Black Lives Matter。ミネアポリスの警官は牢獄の中で腐ればいい」との投稿を行なっている。

この事件に関わった警察官4人は既に解雇されたことが発表され、ミネソタ州の犯罪検挙局が捜査にあたっている。またミネアポリスのデモは規模を増し続け、警察が出動してデモ隊に対し催涙ガスを噴射する事態となっている。

アメリカの警察による人種差別、アフリカ系アメリカ人が不当な取り調べを受けることや発砲を受ける例は数多く、「#BlackLivesMatter」運動のきっかけとなったトレイヴォン・マーティン射殺事件を始めこのような問題が終わる気配は無い。George Floydさんの冥福を祈るばかりだ。

related

Snoop DoggがKanye West、Dr. Dreとのレコーディングの模様を公開

先日はGAPとのコレボレーションを発表するなど、精力的な活動を再開しつつあるKanye West。そんな彼がDr. Dre、そしてSnoop Doggとのレコーディングを行っていたことが明らかになった。

Cardi Bが自身の体について誹謗中傷を寄せるネットユーザーに「放っておいて」とメッセージを送る

バーニー・サンダースを積極的に支持し、ここ最近では「Black Lives Matter」運動に関する積極的な情報発信も行なっているCardi B。そんな彼女に対し、残念ながら容姿や身体についての誹謗中傷の声を寄せるインターネットユーザーが存在することはこれまでも報じられてきたが、またしてもそのような行為に及ぶアンチに対し彼女が行った反論が話題を呼んでいる。

6ix9ineとAkonがInstagram上でバトルを開催|自身を批判してきたSnoop Doggへの煽りも行う

4月頭に釈放され、今月に入ってから新曲をリリースしSNSでの煽りも再開するなど活動を活発化させている6ix9ine。そんな彼が、ベテランR&BシンガーのAkonと突如Instagramライブでバトルを開催すると発表した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。