Snoop Doggのヒット曲を子守唄風にアレンジしたアルバム『Lullaby Renditions of Snoop Dogg』がリリース

言わずと知れた西海岸のOG、Snoop Dogg。大人から若者まで幅広い世代からの人気を誇る彼の楽曲が、なんと赤ちゃんの子守唄として生まれ変わるようだ。

XXLによると、Snoop Doggはロックを子守唄風にアレンジするプロジェクトRockabye Baby!とコラボし、自身のヒット曲を赤ちゃん向けにアレンジしたアルバム『Lullaby Renditions of Snoop Dogg』をリリースするという。

同作には“Gin and Juice”、“Beautiful”、“Drop Like It’s Hot”などの楽曲の子守唄バージョンが収録され、“Gin and Juice”のみYouTubeにて先行試聴が可能となっている。

オルゴールやマリンバなどのサウンドが耳に心地良い、赤ちゃんの入眠にぴったりなアレンジ。MVのアニメも、可愛らしいクマが控えめにローライダーを運転するシュールな仕上がりだ。

『Lullaby Renditions of Snoop Dogg』は12月6日に配信リリースが決定しており、それに先駆けた11月29日にはRecord Store Dayの一環としてLPがリリースされる。

Snoop Doggの楽曲の多くはお世辞にも教育に良いとは言えない言葉が並ぶが、今回リリースされるバージョンならば赤ちゃんの精神衛生にも悪影響は無さそうだ。赤ちゃんをSnoop Doggファンに育て上げたい方は、手始めに『Lullaby Renditions of Snoop Dogg』を聴かせてみては?

related

ミネアポリスで無抵抗の黒人男性が警察官に窒息死させられた事件に対しMeek MillやBillie Eilish、Cardi B、Snoop Doggらが抗議の意を表明

ミネアポリスで非武装、無抵抗の黒人男性が警察官に不当な拘束を受けている最中に窒息死した事件。現在ミネアポリスでは抗議運動が大規模なデモに発展しているが、問題の事件についてアーティストも次々と抗議の声を上げている。

6ix9ineとAkonがInstagram上でバトルを開催|自身を批判してきたSnoop Doggへの煽りも行う

4月頭に釈放され、今月に入ってから新曲をリリースしSNSでの煽りも再開するなど活動を活発化させている6ix9ine。そんな彼が、ベテランR&BシンガーのAkonと突如Instagramライブでバトルを開催すると発表した。

自宅待機の中Snoop DoggやWiz Khalifaらが大麻デーである4月20日を祝福|タイトルが大麻を意味するDr. Dreの名作『The Chronic』もストリーミング解禁

毎年4月20日は大麻を意味する「420」に因んだ大麻の日。マリファナを愛する多くのヒップホップアーティストたちがこの日を祝福するのは毎年の恒例行事となっている。アメリカでは現在新型コロナウイルスの影響で多くの人々が自宅待機を強いられているが、そんな中で今年も様々なアーティストが各々のやり方で4月20日を祝っている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。