Jay-ZとBeyonceがスーパーボウルの国歌斉唱にて起立しなかったことが物議を醸す|コリン・キャパニック選手は批判の投稿をリポスト

昨日開催されたアメリカのエンターテイメント最大の祭典であるNFLスーパーボウル。以前よりNFLによる人種差別とハーフタイムショーの出演アーティストが議論を呼び続けてきたが、そんな中、昨日のスーパーボウルに出席していたJay-ZとBeyonceの夫妻がとった行動が物議を醸している。

Jay-ZとBeyonceはハーフタイムショーでのDemi Lovatoによる国歌斉唱の最中、会場の殆どが起立している中座席に座り続けていた。スーパーボウルの国歌斉唱での不起立といえば2016年にサンフランシスコ49ersのコリン・キャパニック選手がNFLの人種差別に抗議し起立しなかったため自由契約となり、法的闘争に発展した一件が事の発端。キャパニック選手を支持したRihannaやCardi Bなどのアーティストが昨年のハーフタイムショーのオファー

断り、出演が決定したMaroon 5の降板を求める署名が集まるなど大きな騒動に発展した。

それらの事態を受け、NFLは昨年夏頃にJay-Zとのパートナーシップ契約を締結。今後のハーフタイムショーのプロデュースを彼が請け負うとのニュースも発表されたが、キャパニック選手はNFLとの契約は人種差別への加担であるとしてJay-Zを批判。Jay-ZとBeyonceによる不起立はそれらの混乱を経た上であったため、さらなる議論を呼ぶこととなった。

Complexによると、コリン・キャパニックはJay-ZとBeyonceの行動についての批判的な投稿をInstagramにてリポストしており、彼らに行動の真意が見えず、一貫性が無いと考えていることが窺える。

キャパニック選手と、NFL、Jay-Zとの間の問題は今後どのような展開を見せるのだろうか?

related

Jay-Zが自身のマリファナブランド『Monogram』をスタート

ラッパーがマリファナビジネスに参入し、自身のブランドをスタートさせることは珍しくない。過去にはWiz KhalifaやPost Maloneといったマリファナを愛するラッパーたちがブランドを立ち上げていたが、今回、ついにヒップホップシーンきっての大物Jay-Zが参入を発表した。

PharrellとJay Zのコラボ曲"Entrepreneur"のミュージックビデオが公開 | 日本初の黒人経営者によるアニメスタジオD’ART Shtajioなど世界で活躍する黒人の起業家たちへの敬意と称賛を表現

Pharrell WilliamsがJay Zをフィーチャリングに迎えた新曲"Entrepreneur"をリリースし、ミュージックビデオも公開した。

Megan Thee Stallionの“Savage”のBeyoncéによるリミックスがリリース|ポルノサイトがBeyoncéによってネームドロップされたことも話題に

今年はレーベルとの契約問題等を乗り越えアルバム『SUGA』をリリースし、スターとしての地位を確立しつつあるMegan Thee Stallion。そんな彼女の楽曲“Savage”に、なんとBeyonceが参加したリミックスバージョンが今週水曜日にリリースされた。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。