6ix9ineが「釈放後はニューヨークを出て強いセキュリティの家に住みたい」と考えていることが判明

強盗、殺人、放火など9つの罪についての裁判が決着し、今年7月に釈放されると見込まれている6ix9ine。かつてのギャング仲間の悪事を密告するという司法取引によって減刑を得た彼はギャング仲間からの報復を受けることが懸念され続けているが、今回、彼の釈放後の身の振り方の予定が明らかになった。

Complexによると、6ix9ineは釈放後にセキュリティを強化し、また地元であり自身が所属していたギャングNine Trey Bloodsの拠点でもあるニューヨークを離れることを計画しているという。6ix9ineに下された判決は2年の服役と5年の監視付きの釈放というものであり、釈放された後どこに移動するのかはまだ不明となっている。

また彼は釈放された後にセキュリティチームが編成し、2人以上のボディガードを伴って移動することを計画しているとのこと。ボディガードには以前に警察もしくは軍隊に所属していた経歴を持つ人間が募られており、さらに銃器を携帯する許可を得ている者が条件とされているようだ。6ix9ineに近い関係者によると、彼は「Fort Knox(米陸軍の駐屯地)みたいなセキュリティの家に住んで、家族と一緒にニューヨークを出たい」と望んでいるという。

しかし釈放後の6ix9ineがボディガードを付けることについて、セキュリティ企業の多くは「リスクが大きすぎる」との懸念を示している。彼自身が望む環境を構築するための十分な資金はあるものの、セキュリティ企業側が彼の要請を受けるかどうかはまだ不確定な部分が多いことが分かる。

果たして釈放後の6ix9ineの身の安全は守られるのだろうか?

related

6ix9ineが釈放後初めてSNSにコメントを行う | 他のラッパーなどへの煽りは弁護士によって制限

今年8月までの刑期が新型コロナウイルスの流行を理由に短縮され、今月2日に釈放された6ix9ine。そんな彼が釈放後初めてSNSに姿を現した。

6ix9ineが新型コロナウイルスの影響で刑期を早めて釈放される

8月までの収監が予定されていたラッパーの6ix9ineが、4ヶ月の刑期を残して本日釈放された。

6ix9ineの出所日が2020年8月2日に確定

放火、強盗、殺人など複数の罪で拘留されていた6ix9ine。司法取引によって減刑を勝ち取り、今年中の釈放は見込まれていた彼だが、出所日がついに発表となった。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。