Geniusで6ix9ineが出所後どのように姿を隠せばいいか専門家が見解を述べる動画が公開

昨年、強盗や殺人、麻薬所持、放火など9つもの罪で収監された6ix9ine。ついに先日、来年初頭に釈放されると報じられたが、それと同時に様々な密告を彼が行ってきたこともあり、出所後に殺されてしまうのではないかと言う声もある。そんな中、Geniusで6ix9ineが釈放された後にどのように姿を隠すべきかについて、専門家が見解を述べる動画が公開された。

先述したように、6ix9ineがこれまで行われてきた数々の裁判で密告を行ってきたのは衆知の事実である。この密告に関してはSnoop DoggやPnB Rockも怒りを露わにしていたが、何よりも彼の元マネージャーであるShottiをはじめ、6ix9ine自身が所属していたギャングtr3ywayが彼に対して、仲間を売った報復を行う可能性は否定できない。

では6ix9ineはそのような事態をどのようにして避ければいいのか。Geniusでは『How To Disappear:Erase Your Digital Footprint,Leave False Trails,And Vanish Without A Trace』の著者、Frank Ahearnに取材を敢行。独自の見解を述べている。

まず、「一時的に消えることは簡単だが、消え続けるのが難しいんだ」と語り始めたFrankは続けて6ix9ineの状況について「Tekashi(6ix9ine)のシチュエーションは非常に難しい。一番は彼のタトゥーだ。彼は顔からタトゥーを消す必要がある」と彼の顔面に彫られたタトゥーが一番の問題だと述べた。また、一般人に対しても注意が必要なようでFrankは「バスに座っているある人が彼(6ix9ine)を見つけ、写真を撮り、ツイートする」という危険性もあると語っており、もし仮に6ix9ineが出所したとしても彼にとっては生きづらい世の中になりそうだ。そんな彼にFrankがオススメする方法が「彼は自分自身を世界から切り離し、去るしかない。それだけだ」というもの。今の時代において、全てを自分から切り離し、存在を消すというのは難しい気もするが、確かにそれしか方法がないというのも頷ける。

また、動画では6ix9ineに言及しているラッパーとして故Nipsey HussleやNLE Choppa、YGなどが挙げられており、ヒップホップシーン内にも彼の敵は多そうだ。

実際、彼が出所してからのことは、その時まで分からないが彼にとって生きづらい世の中になるのは間違いないだろう。6ix9ineのことを擁護するわけではないが、再び殺人事件が起こるのはなんとしても避けてほしいものだ。

動画全編は下から

related

6ix9ineが「俺の曲が長くヒットしないのは金を払ってラジオで流してもらっているから」と正直に告白

先週金曜日、出所後初となるアルバム『TattleTales』をリリースした6ix9ine。Lil Durkとのビーフとそれに伴う買収疑惑など相変わらずトラブルの渦中にいる彼が、インタビューで心境を語っている。

Lil Durkが6ix9ineのチームから彼とのビーフを300万ドルで要求されたと明かす

出所以来本格的な活動を再開し、Nicki Minajとのコラボ曲“Trollz”も話題となった6ix9ine。近日中にアルバムをリリース予定であることも報じられている彼が、Lil Durkに対して興味深い取引をもちかけたようだ。

6ix9ineとAkonがInstagram上でバトルを開催|自身を批判してきたSnoop Doggへの煽りも行う

4月頭に釈放され、今月に入ってから新曲をリリースしSNSでの煽りも再開するなど活動を活発化させている6ix9ine。そんな彼が、ベテランR&BシンガーのAkonと突如Instagramライブでバトルを開催すると発表した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。