Fat Joeがハリケーンマリアの犠牲者に対するトランプ大統領の発言を批判

以前より反トランプの立場を取ってきたニューヨーク出身のベテランラッパーFat Joeが、昨年プエルトリコとドミニカを襲ったハリケーンマリアにの死者数についてトランプ大統領が異議を唱えた一件を批判している。

トランプ大統領を標的にしたマイケル・ムーアの最新作『華氏119』の予告編が解禁

ドキュメンタリー映画監督マイケル・ムーアが、アメリカ合衆国第45代大統領 ドナルド・トランプをターゲットにした最新作『華氏119』。11/2(金)にTOHOシネマズ シャンテ他にて全国公開される本作の予告編映像が公開となった。

マイケル・ムーア監督がトランプ大統領に挑む新作『華氏119』が緊急公開決定

ブッシュ政権を猛烈に批判し、全世界2億ドル、日本でも興行収入17億円の問題作にして大ヒット作『華氏911』をはじめ、銃社会アメリカの実態を『ボウリング・フォー・コロンバイン』などで知られるドキュメンタリー監督マイケル・ムーア。

Kanye Westが『Jimmyb Kimmel Live!』でのトランプ大統領を巡る質問に答えなかったことについて苦しい釈明

先日、人気番組『Jimmy Kimmel Live!』に出演したKanye West。彼の登場は世界的に注目を集めたが、その中でもホストのJimmy Kimmelによる「あなたは”ブッシュ大統領は黒人のことを一つも考えていない”と発言したことで有名ですが、トランプ大統領が彼らに対してやっていることについてどう思いますか?」という質問と、それに対してKanyeが沈黙したことが大きな話題を呼んだ。

Kanye WestがHot 97のEbroに対し「おれはドナルド・トランプが大好きだ」と語る

自身のソロ作品を含め5作品を、5月末から6月末にかけて一気にリリースするKanye West。復活したTwitterでも自由奔放な投稿を続ける彼だが、Hot 97のパーソナリティーEbroに対しておこなったある発言が話題になっている。

JAY-ZがTV番組でトランプ大統領を批判 | 大統領はTwitterで名指しでJAY-Zに反撃

JAY-Zは27日、CNNの新番組に出演。インタビュー中にJAY-Zはトランプ大統領の発言や政策を非難。それに対し、トランプ大統領は「私の政策のおかげで、今黒人の失業率が史上最低になっていることをJAY-Zに誰か教えてあげてくれ!」とツイートした。

トランプ大統領がKendrick Lamarがパフォーマンスを予定している大学アメフトの試合を観戦へ

来週、1月8日に行われる全米カレッジフットボールの頂点を決めるCFPナショナルチャンピオンシップではKendrick Lamarがパフォーマンスすることが予定されているが、その日トランプ大統領も会場での試合観戦を予定していることがわかった。

トランプ大統領に中指を立てる写真が話題となった女性が仕事を解雇される

ここ数日、アメリカのTwitterユーザーの間では、トランプ大統領に関する一枚の写真が話題となり広く拡散されている。写真は、Juli Briskmanさんという一般女性が、ヴァージニア州・スターリングの路上で自転車に乗りながら隣を走るトランプ大統領の自動車列に向けて高々と中指を突き上げているというものだ。

Eminemのトランプ大統領ディスを受けて、YGが「最初にディスったのは自分だ」と主張

昨日のBET Hip Hop Awardsのフリースタイルに登場したEminemが、トランプ大統領をこき下ろしたのは大きな話題となっている。Eminemは大統領を「Donald the Bitch」や「レイシストじじい」と罵った。そのフリースタイルの反響の大きさに、思わず苛立ってしまったのがYGだ。

J.Coleがライブで「Fuck Donald Trump」コール。Twitterでもトランプ大統領に抗議

J.Coleがデンマークでライブをした際に、観客から「FUCK DONALD TRUMP」のコールが巻き起こった。J.Coleは「FUCK DONALD TRUMP!」とこのコールに参加してレスポンス。Twitterでもトランプ大統領の発言を非難し、抗議の姿勢を示している。

ビジュアルアーティストのJRの新作がメキシコとアメリカの国境に出現

トランプ大統領はアメリカとメキシコの国境に壁を作る政策を、推進しようとしている。これはメキシコからの不法移民を減らそうという趣旨のものだが、そんな政策に対しビジュアルアーティストで、常に社会的な問題を扱ってきたJRが作品でリアクションを行った。

不法移民の強制送還免除の撤回を表明したトランプ大統領にSpotifyが再びプレイリストで反対表明

トランプ大統領によりさらなる移民反対政策が発表された。大統領になる以前から公約として掲げていたDACA(Deffered Action for Childhood Arrivals)の撤廃を公表した。

【脇の下こちょこちょスピンオフ Vol.11】アフガン増派決定:トレバー・ノアが明かした不都合な真実

今月は「ついに干されたか」と思うくらい仕事がなくて暇だったが、アメリカでは実に様々な事件が起きた。シャーロッツビルでの衝突、皆既日食、バノン首席戦略官の更迭、メイウェザーvsマクレガー戦などなど。いろいろあった中、今回は、8月21日に発表されたトランプ大統領の「対アフガニスタン新戦略」を取り上げよう。

Bandcampが今週金曜の売り上げ利益を全てトランスジェンダー支援団体に寄付すると発表

Bandcampが先日トランプ大統領が発表した、トランスジェンダーの米軍入隊禁止発言に対し、今週金曜日8/4の売り上げのうち、Bandcamp分の利益を全てトランスジェンダーを支援するTransgender Law Centerに寄付すると発表した。

【脇の下こちょこちょスピンオフ Vol.10】大統領との対立を深めるジェフ・セッションズ司法長官、その知名度は?

混迷を極めるトランプ政権。発足からわずか半年余りで政府高官らの辞任・解任が相次いでいる。今月は、以前この連載でも紹介したスパイサー報道官が辞任(メリッサ・マッカーシーのあのモノマネがもう見られないなんて残念!)。そして、その数日後にはプリーバス首席補佐官が更迭された。まるで“閣僚ビンゴゲーム”とでもいうべき異常な事態になってきている。
もっと見る