Vic Mensaがトランプ大統領は「ほぼラッパーみたいなものだった」と語る

先日、自身の新曲“Camp America”をリリースしたVic Mensa。楽曲のリリースとともに公開されたMVは、トランプ大統領の移民政策の内の1つである移民の子供達を、アメリカの国境付近の収容所に収容するという政策を批判するもので、大きな話題を呼んでいる。そんな中、VicがMSNBCの番組『The Beat with Ari Melber』に登場。ヒップホップシーンとトランプ大統領の関係性について語っている。

彼は「皆よく覚えていると思うけど、ラップシーンはトランプのことが好きだった。その頃、トランプはほぼラッパーだった」とトランプが大統領になる前、ラッパー達の楽曲には金持ちになることの比喩としてトランプが頻繁に登場したと語っている。確かに故Mac Millerの“Donald Trump”やRae Sremmurdの“Up Like Trump”など実際にトランプの名前をリリックに入れた楽曲は多かった。

しかし、彼が言うには「2012年から13年くらいまではドナルド・トランプについての曲が作られてたけど、彼がバラク・オバマの出生地や宗教について疑問を呈しはじめた頃から、俺たちは‘ええと、、’ってなった」とトランプによる当時のオバマ大統領に対する国籍や宗教に関する追及を境にヒップホップシーンのトランプに対する見方が変わったとのこと。

また、Vicは大統領となったトランプに関して、彼の職務遂行能力を疑問視する発言をしている。
「ドナルド・トランプがTVスターだったことは明白だ」と前置きした彼は「それが彼の出来ることの限界なんだよ。それは今彼が行っている政策や法律に現れている。これらは彼が築いたものではないんだ」とトランプ大統領に政治家としての能力は無いと批判した。

BETサイファーでのXXXTentacionを批判するバースなど度々物議を醸すVic Mensaだが、今回に関しては彼の言うことは至極真っ当だと言えるだろう。

インタビューの全編は以下の動画から

RELATED

トランプ大統領の弾劾公聴会でスウェーデンでのA$AP Rockyの逮捕が話題にのぼる

今年の夏、スウェーデンで乱闘騒ぎを起こしたことが原因で異例の拘留を受けていたA$AP Rocky。釈放のためにアメリカ政府が介入したことでも大きな注目を集めたその一件が、現在アメリカ議会で行われているトランプ大統領の弾劾公聴会にて話題にのぼったようだ。

トランプ大統領が自身を賛美するラッパーを募集するコンテスト #MAGAChallenge を開催

多くのラッパーやアーティストが反対の意を表明しているトランプ大統領。中にはKanye Westのように支持を表明しているアーティストも存在しているが、なんとそのようなラッパーをトランプ大統領自身が募りだした。

トランプ大統領がA$AP Rocky解放のためスウェーデンに使節を送ったことが明らかに

今月の初めにスウェーデンで一般人と乱闘騒ぎを起こし、逮捕されてしまったA$AP Rocky。その後数週間の勾留を受け暴行罪で起訴されてしまった彼を解放するため、トランプ大統領が新たな動きを起こしたようだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。