オバマ元大統領「ラップミュージックのビデオの中の成功はトランプ大統領と同じ」と語る

先日の大統領選挙では晴れてジョー・バイデン候補が勝利し、トランプ政権に終止符が打たれることが決まった。そんな中、バイデンが副大統領を務めていた際に大統領であったバラク・オバマがインタビューの中で、ドナルド・トランプという存在について持論を語っている。

XXLによると、The Atlanticのインタビューに応えたオバマはトランプについて「興味深いのは、トランプが今年の大統領選で黒人男性からの支持を増やしたという事実と、トランプを支持したラッパーが現れたことです」と語った。Ice CubeLil PumpLil Wayneといったラッパーたちがトランプ支持を表明し物議を醸したことは記憶に新しいが、彼はそれらの状況について「これは自分自身に言い聞かせなければならないことですが、ラップミュージックを聴いていると、その全てがジュエリー、女性、金について歌っているということに気づかされます。多くのラップのビデオは、“成功”というものをドナルド・トランプと同じ物差しで測っている。すべてが金のメッキで覆われているんです。それが、文化の中に染み付いている」と分析している。

確かにドナルド・トランプという人物が持つ巨大な富と父権的なバイブスは、ある種のラップが追求する強さのイメージと重なる部分が多い。故Mac Millerの“Donald Trump”を始め、彼を富や強さのメタファーとしてリリックに落とし込んだラップの楽曲も存在しており、またKanye Westは以前トランプ支持を表明した際に「トランプは男性的なエネルギーをくれる」「彼には俺と同じ龍のエネルギーを持っている」といった発言を行なっていた。

今回の選挙に伴いトランプ支持を表明したラッパーの多くは、対立するジョー・バイデンが掲げた富裕層に対する増税という政策に反対し、またトランプ側が掲げた「黒人コミュニティへのサポート」を謳う公約「プラチナプラン」を支持していた。一方で、トランプの強硬な言動や政策、雰囲気に惹かれ彼を支持する者が多いのも、また事実だろう。

大のラップミュージック好きとして知られるオバマ元大統領がトランプをヒップホップと繋げて語ったのは、非常に興味深いことではないだろうか。インタビューの全文はこちらから読むことが出来る。

related

バイデン候補の次期大統領当確の報道にアーティストたちの様々なリアクション

トランプ大統領のクレームなどにより、バイデン候補の有利で進んでいたにも関わらず、中々当選確実の一報が出なかったアメリカ大統領選挙。本日未明にアメリカの報道各社が一斉にバイデン候補の当確のニュースを出した。

Lil Wayneがトランプ大統領と面会|選挙公約「プラチナプラン」への支持を表明

アメリカ大統領選が目前に迫る現在、ヒップホップアーティストとトランプ現大統領との接近が次々と報じられ衝撃を与えている。先日はIce Cubeがトランプ陣営と面会していたほか、50 CentやLil Pumpといったラッパーがトランプ支持を表明していることも話題を呼んだ。そんな中、Lil Wayneがトランプ大統領と面会を行ったことが報じられている。

YGとNipsey Hussleの“FDT”を道路で流していたファンがトランプ支持者に殴られる事件が発生

2016年に、YGと故Nipsey Hussleがリリースし反トランプのアンセムの一つとなった“FDT”。あまりに直接的なフックのリリックがこれまで良くも悪くも様々な事態を巻き起こしてきたが、今回、この楽曲をきっかけにトラブルに巻き込まれてしまった人物が現れたようだ。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。