Lil Pumpがドナルド・トランプの選挙集会に登場するも名前を間違えられる|複数のラッパーから批判も

アメリカでは今日が大統領選挙の投票日。世界中が選挙の動向を固唾を飲んで見守る中、ヒップホップシーンからも様々なラッパーが投票を呼びかけるなど、行動を起こしている。そんな中、先日トランプ現大統領の支持を表明し話題を呼んだLil Pumpが、なんとトランプの選挙集会に登場しスピーチを行った。

XXLによると、Lil Pumpは昨日ミシガン州グランドラピッズにて行われたトランプ陣営の最後の集会に登壇。トランプが彼をステージに呼び込む際「世界最大のスーパースターの一人、“Little Pimp”です」と名前を間違える珍事も起こったが、MAGA帽子を被ったLil Pumpが登場すると会場は大きな歓声に包まれた。

Lil Pumpは「やあみんな、気分はどうだい?大統領、あなたが国のためにしてくれたこと全てに感謝しています。あなたは軍隊を家に帰らせたし、正しいことをしました。(中略)みんな、それを忘れないでくれ。そして、スリーピー・ジョーには一切投票しないでくれ」と彼なりにトランプの功績をアピールした上で、対立候補のジョー・バイデンに投票しないよう呼びかけた。

Lil Pumpのスピーチを受けたトランプは「素晴らしい。本当にありがとう。感謝しているよ。素晴らしかった」と彼を絶賛している。

もちろんLil Pumpのこの行為には多くの批判が寄せられており、Lil Yachtyは「little pimpを追い出そう」と名前を間違えられたことに触れながら彼を非難するツイートを行った。

またDenzel CurryやCousin Stizzも、それぞれ「なんてことだ」「Lil Pumpがイケてるって俺に言ってみろよ、俺は忘れないぞ」とツイートした。

また6lackも「凄く見苦しいよな」とシンプルかつ痛烈なディスを行っている。

果たしてLil Pumpの力はトランプの選挙結果にどれほど影響するのだろうか?後ほど明らかになる選挙の行方を見守りたい。

related

21 Savageが自身の楽曲と酷似したLil PumpとDoe Boyの楽曲について「収益の50%をくれ」と語る

先週、Metro Boominとのコラボシリーズの待望の新作『Savage Mode 2』をリリースした21 Savage。そんな彼が、最近発表されたLil PumpとDoe Boyの新曲について物申している。

Lil Pumpが先日の引退宣言を撤回し新曲をアナウンス

先週土曜、突如として「俺の音楽活動は終わった。辞めるよ」と引退を宣言したLil Pump。そんな彼が、やはりと言うべきか引退宣言をわずか数日で撤回した。

Lil Pumpが音楽活動からの引退を宣言

お騒がせラッパーとして知られるLil Pumpが音楽活動からの引退を宣言した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。