21 Savageが自身の楽曲と酷似したLil PumpとDoe Boyの楽曲について「収益の50%をくれ」と語る

先週、Metro Boominとのコラボシリーズの待望の新作『Savage Mode 2』をリリースした21 Savage。そんな彼が、最近発表されたLil PumpとDoe Boyの新曲について物申している。

Geniusによると、今年の3月にリリースされたLil Uzi Vertの『LUV vs. The World 2』に収録された21 Savageとのコラボ曲“Yessirskiii”とフックが酷似した楽曲を、Lil PumpとDoe Boyが続け様にリリースしようとしているという。

Doe Boyは先週金曜日にSouthsideとのコラボ曲として“Yessirski”と題された楽曲をリリースしており、またLil PumpもYoung Thugとコラボした “Yessirskii”という新曲をInstagramにてプレビューしている。

いずれの楽曲もフックで「Yessirski」というフレーズを連呼しているという点が共通しているが、果たしてDoe BoyとLil Pumpが21 Savageからインスパイアされてこれらの楽曲を制作したのかどうかは不明だ。

これらについて21 Savageは「Yessirskiiiをフックで歌っている曲の収益の50%が欲しい」とツイートしており、「Yessirski」というフレーズの起源は自分であるという自負を持っていることが分かる。

21 Savageの発言を受けたLil PumpとDoe Boyからのリアクションはまだ無いが、「Yessirski」は果たして誰の物なのだろうか。そもそも「Yessirski」とは一体どういう意味なのか、という点も気になるところだ。

related

Bobby Shmurdaがついに釈放される|21 SavageやMeek Millらが祝福

“Hot Nxxxa”の大ヒットで知られるものの、2014年に銃器や薬物の所持を理由に逮捕され、それ以来6年以上収監され続けていたBobby Shmurda。そんな彼が昨日ついに釈放されたことが報じられている。

Gucci ManeやLil Pumpらがマイアミでマスク無しのパーティに参加していたことが報じられる

新型コロナウイルスのパンデミック以来、マスクは我々の生活にとって欠かせないものとなっている。マスクを着用しないまま人の密集する場所やパーティに足を運ぶことは自分自身や周囲を危険に晒してしまうこととなるが、今回、多くのセレブがマスクを着用せず集まるパーティが開催されてしまったことが報じられている。

21 Savageを自身の楽曲にフィーチャーするには10万ドル以上が必要であることが判明

若手ラッパーにとって、人気のアーティストを自身の楽曲にフィーチャーすることは一つの夢だろう。しかし、21 Savageを客演に招くには相応の対価が必要になるようだ。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。