故Mac Millerの遺作『Swimming』と『Circle』のアナログボックスセット『Swimming in Circles』が発売

2018年、突如としてこの世を去ったMac Miller。彼が死の直前にリリースしたアルバム『Swimming』と、今年1月に最後のアルバムとしてリリースされた『Circles』の2作のアナログバージョンをまとめたボックスセットの発売が、Mac Millerの遺族によって発表された。

『Swimming in Circles』と題されたボックスセットは、本来2作で一つとして構想されていたという『Swimming』と『Circles』をまとめたもの。リリースに伴い、『Swimming』と『Circles』制作時のレコーディングセッションの映像も公開となった。

『Swimming in Circles』にはそれぞれ2枚組の『Swimming』と『Circles』の12インチLPが収録されている他、2作のレコーディングの際の風景を収めたブックレット、またポスターと歌詞カードが収録されている。

2作のアナログを続けて聴くことで、Mac Millerが本来表現しようとしていた物語の全貌を体験することが出来そうだ。予約注文はこちらから行うことが出来る。

Info

Mac Miller

Swimming In Circles

Warner Records

December 18, 2020

https://shop.macmillerswebsite.com/products/swimming-in-circles-box-set

Side 1A

1. Come Back to Earth

2. Hurt Feelings 

3. What’s The Use?

4. Perfecto

Side 1B

1. Self Care

2. Wings

3. Ladders

Side 2A

1. Small Worlds

2. Conversation Pt. 1

3. Dunno

Side 2B

1. Jet Fuel

2. 2009

3. So It Goes

Side 3A

1. Circles

2. Complicated

3. Blue World

4. Good News

Side 3B

1. I Can See

2. Everybody

3. Woods

4. Hand Me Downs

Side 4A

1. That’s On me

2. Hands

3. Surf

4. Once A Day

Side 4B

1. Right

2. Floating

related

故Mac Millerのデビューミックステープ『K.I.D.S.』の10周年を記念しアナログバージョンがリリース|未発表曲2曲を追加したデラックスバージョンも配信

2018年にこの世を去ったMac Millerのデビューミックステープ『K.I.D.S.』のリリースから、今年で10周年。今回、そんな同作のアナログバージョンと、未発表曲2曲を追加したデラックスエディションがリリースとなった。

Ariana Grandeが故Mac Millerについて「彼にとって音楽以上に大切なものは無かった」と語る

2018年に薬物の過剰摂取によって命を落としたMac Miller。生前の彼について、かつての交際相手であり先日はJustin Bieberとのコラボ曲”Stuck with U“をリリースしたAriana Grandeが語っている。

Tom MischがQuarantine Sessionsの第三弾で故Mac Millerのカバー動画を公開|Tシャツも受注受付中

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、世界各国で外出自粛の動きが広がる中、『Quarantine Sessions (隔離セッション)』と題した動画シリーズで、音楽ファンに癒しと楽しみを届けているTom Misch。 Nirvanaの"Smells Like Teen Spirit"、Sola...

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。