Lil Pumpが先日の引退宣言を撤回し新曲をアナウンス

先週土曜、突如として「俺の音楽活動は終わった。辞めるよ」と引退を宣言したLil Pump。そんな彼が、やはりと言うべきか引退宣言をわずか数日で撤回した。

XXLによると、Lil Pumpは昨日Instagramを更新。新曲と思われる楽曲に合わせて激しく踊り狂う動画をポストしており、キャプションには「みんな俺が辞めると思っただろ?ビッチ、俺は“CONTACTO”と戻ってきたよ」と綴られている。どうやら引退宣言はプロモーションのために過ぎなかったようだ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

YALL THOUGHT I QUIT BITCH IM BACK “CONTACTO” ESTO ES PA MIS LATINOS VAMOS A ROMPERRR 🇨🇴🇨🇴🇨🇴 PARA CUANDO QUIEREN QUE SUELTE ESTA?

Lil Pump Jetski(@lilpump)がシェアした投稿 -

新曲“CONTACTO”はスペイン語で歌われた楽曲となっており、上の投稿のキャプションにも「ESTO ES PA MIS LATINOS VAMOS A ROMPERRR PARA CUANDO QUIEREN QUE SUELTE ESTA?(ラテン系のための曲だ。ブレイクするぜ。いつリリースして欲しい?)」とスペイン語のメッセージが含まれているため、新たにラテンなアプローチでのスタイルを試みていることが分かる。

多くのファンが予想していた通りただのプロモーションに終わったLil Pumpの引退宣言。今後彼が本当に引退する日まで、元気に活動を続けて欲しいものだ。

related

Lil Pumpが音楽活動からの引退を宣言

お騒がせラッパーとして知られるLil Pumpが音楽活動からの引退を宣言した。

Lil Pumpが「俺は今地球上で1番アツいラッパーだ」と主張

先日、突如として「俺はマイアミの王だ」と宣言し、久々に彼らしい大胆な言動を見せたLil Pump。そんな彼が今回、自身のInstagramにて改めて自分がこの地球上で最もアツいラッパーだと主張した。

Lil Pumpが突如「俺はマイアミの王だ」と主張

Lil Pumpといえば「俺がいるからSoundCloudが存在している」や「俺が18歳で成し遂げたことを誰も出来ていない」などの大胆な発言や、ガソリンスタンドで煙草を吸うなどの過激な行動で連日世間を賑わせてきたイメージだが、ここ数ヶ月は鳴りを潜め、落ち着いたと思われていた。しかし、やはり彼は変わっていなかったようで、突如「俺はマイアミの王だ」と宣言をしている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。