Cardi Bが2020年の大統領選に向けてトランプ大統領を改めて批判|警察による暴力が放置される現状を指摘

かねてより反ドナルド・トランプの立場を明確に表明し、大統領への抗議活動を呼びかけ続けているCardi B。そんな彼女が、2020年の大統領選に向けて改めてトランプの問題点をファンに語っている。

Complexによると、Cardi Bは今週月曜日に行ったInstagram Liveにて「黒人が警察に殺されたり暴力を振るわれるたびに、私はずっと“どうして?誰も気にしてない。なんで誰も気にしないの?”と言い続けてる。それで、誰も気にしないから言うのをやめた。本当に誰も気にしてないし、トランプも気にしてない」と、トランプ大統領が差別や警察による暴力に対し一切の対策を行なっていない現状を指摘。そして「少なくともオバマが大統領だったときは、彼はいつも自分がそれを間違っていると感じていることを表明してた。彼はそれを見てる。警察の暴力はトランプが大統領をやめない限り続くと思う。彼が大統領でいるかぎり何もしてくれない」とした。

さらに彼女はInstagramに「ブロガー、YouTuber、インフルエンサーのみんな、私たちは大統領候補について若い子たちを教育しなきゃいけない。みんなはトランプに立ち向かうことを恐れてるの。でも民主主義はそんなことを気にしない」と語りかける動画もアップロードしている。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Listen up !! WE CAN DO THIS!! We just have to be committed!

MOSTHATEDCARDIさん(@iamcardib)がシェアした投稿 -

Cardi Bは民主党の候補者であるバーニー・サンダースの支持を表明しており、サンダース候補自身もCardi Bによるサポートについて言及しているようだ。彼はテレビのインタビューにて「彼女はとても頭が良く、この国で起こっていることを深く心配しています。それは本当のことです。彼女は大変なバックグラウンドを持ち、貧困の中で暮らし、苦労することがどんなことか知っているのです」と彼女を評価している。

先日はA$AP Rockyがスウェーデンの警察によって不当な勾留を受けていることについて「スウェーデンはアフリカ系アメリカ人のコミュニティを失望させた」とダブルスタンダードこの上ない発言を行なっていたトランプ大統領。Cardi Bを始め様々なスターがトランプへの批判を行っている中で若者たちの間に彼への不信感が確実に広がっている気配もあるが、果たして大統領選でトランプを落とすことは出来るのだろうか?

related

バーニー・サンダース大統領候補がCardi Bの政治家デビューを応援

先日、アメリカによるイランの空爆に抗議しつつ「学校に通い直して政治家になりたい」と発言したことで話題を呼んだCardi B。そんな彼女が以前より支持を公言している2020年大統領選立候補者のバーニー・サンダース上院議員が、彼女にエールを送っている。

Cardi Bが「学校に通い直して政治家になりたい」と発言

以前より反トランプ、民主党支持を公言しているCardi B。先日はアメリカによるイランの空爆に抗議し「ナイジェリアの市民権が欲しい」と発言していた彼女が、政界に進出することに意欲を示している。

Cardi Bが「ナイジェリアの市民権が欲しい」と発言|ナイジェリアの政府高官も反応

ここ数日、アメリカが行なったイランへの空爆とソレイマニ司令官の殺害が世界的に大きな問題となっている。「第三次世界大戦が起こるのでは」と心配する声も上がる中、 Cardi Bがアメリカを去ってナイジェリアに移住する意志を表明している。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。