Twitterで「Racist」と検索するとトランプ大統領のアカウントが最初に表示されるようになる

アメリカの歴代大統領の中でも特にTwitterを頻繁に利用(是非は別として)してきたドナルド・トランプ大統領。そんな彼のアカウントがTwitter上で思わぬ表示の仕方をされるようになったことが話題を呼んでいる。

先日のジョージ・フロイドさん殺害事件に伴い「Black Lives Matter」を訴える運動が大きな発展を見せ、全米で大規模なデモが行われている昨今。そんな中かねてより人種差別的な発言を頻繁に行ってきたトランプ大統領は抗議活動を行う市民に対し州兵を出動させるなどの対応を行ったことによってさらなる批判を浴びることとなった。Complexによると、現在Twitterのアカウント検索欄に「Racist」と打ち込み検索をかけると最も上にトランプ大統領が表示されるようになっているという。実際に今も「Racist」と検索するとトランプ大統領が表示される現象を確認することが出来る。

Twitterの広報担当者がBusiness Insiderに語ったところによると、「あるアカウントが特定の用語と並んで頻繁に言及されている場合、そのアカウントはアルゴリズムによっておすすめとしてその単語と一緒に浮上するようになる可能性があります」とのこと。どうやらトランプ大統領のアカウントが「Racist」という単語と共に多くツイートされることから、アルゴリズムによって「Racist」という単語から彼のアカウントがサジェストされるようになったようだ。

ここ最近のトランプ大統領はTwitter上での彼の発言がファクトチェックを推奨する文言と共に表示されるようになり、それに腹を立ててSNS規制を訴えるなどの愚行が目立つようになっている。さらに「Black Lives Matter」運動に対して一切の誠意ある対応を行わないばかりか武力鎮圧を仄めかすなど、「Racist」として表示されることも仕方がないような状況だ。トランプ大統領とTwitterとの攻防は今後どのように展開してゆくのだろうか。

related

トランプ支持者が連邦議会議事堂に侵入したことについてCardi Bが「皮肉が効いてる」とリアクション

アメリカでは今日、バイデン次期大統領の当選を承認する手続きを行なっていた連邦議会議事堂に多くのトランプ支持者が乱入するという前代未聞の騒動が起こった。トランプ支持者たちは警備を破って建物内に侵入、議事堂内では一人が銃撃を受け死亡するという事態にも発展。現在は暴徒たちが排除され審議が再開されたと報じられているが、この一件について、以前よりドナルド・トランプを一貫して批判してきたCardi Bがリアクションしている。

オバマ元大統領「ラップミュージックのビデオの中の成功はトランプ大統領と同じ」と語る

先日の大統領選挙では晴れてジョー・バイデン候補が勝利し、トランプ政権に終止符が打たれることが決まった。そんな中、バイデンが副大統領であった際に大統領であったバラク・オバマがインタビューの中で、ドナルド・トランプという存在について持論を語っている。

バイデン候補の次期大統領当確の報道にアーティストたちの様々なリアクション

トランプ大統領のクレームなどにより、バイデン候補の有利で進んでいたにも関わらず、中々当選確実の一報が出なかったアメリカ大統領選挙。本日未明にアメリカの報道各社が一斉にバイデン候補の当確のニュースを出した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。