トランプ大統領が自身を賛美するラッパーを募集するコンテスト #MAGAChallenge を開催

多くのラッパーやアーティストが反対の意を表明しているトランプ大統領。中にはKanye Westのように支持を表明しているアーティストも存在しているが、なんとそのようなラッパーをトランプ大統領自身が募りだした。

Complexによると、トランプ大統領は先週金曜日に自身のTwitterで#MAGAChallenge なるラップコンテストの開催を宣言。「#MAGACHALLENGE の優勝者は会ってライブをしてもらうためホワイトハウスに招待する。幸運を祈る」と、Bryson Grayというトランプ支持者のアフリカ系アメリカ人の青年がラップをしている動画を引用リツイートして発言した。


Bryson Grayのラップは“MAGA BOY”と題され、「#MAGACHALLENGE のタグをつけてラップを投稿してくれ。リベラルどもを泣かせてやろうぜ」との文章が添えられている。

すると、この動きに反応したトランプ大統領の支持者たちは「MAKE AMERICA GREAT AGAIN」の文字が綴られたアイテムを身につけ続々とラップを投稿。

あえて内容への言及は避けるが、ホワイトハウスに呼ばれたいと考えた多くの投稿者が存在しているようだ。

事の発端となったBryson GrayはDaily Dotの取材に対し、「#MAGAChallenge は、多くの人がKanye Westに期待していたことをやれたように思う」と語っている。Kanye Westがこの動きに対してどのような感情を抱くかどうかは分からないが、さしもの彼も上の楽曲のクオリティについては何も言えないに違いない。

果たして#MAGAChallenge に優勝するのはどんなラッパーなのだろうか?続報を待ちたい。

related

Lil Wayneがトランプ大統領と面会|選挙公約「プラチナプラン」への支持を表明

アメリカ大統領選が目前に迫る現在、ヒップホップアーティストとトランプ現大統領との接近が次々と報じられ衝撃を与えている。先日はIce Cubeがトランプ陣営と面会していたほか、50 CentやLil Pumpといったラッパーがトランプ支持を表明していることも話題を呼んだ。そんな中、Lil Wayneがトランプ大統領と面会を行ったことが報じられている。

YGとNipsey Hussleの“FDT”を道路で流していたファンがトランプ支持者に殴られる事件が発生

2016年に、YGと故Nipsey Hussleがリリースし反トランプのアンセムの一つとなった“FDT”。あまりに直接的なフックのリリックがこれまで良くも悪くも様々な事態を巻き起こしてきたが、今回、この楽曲をきっかけにトラブルに巻き込まれてしまった人物が現れたようだ。

Twitterで「Racist」と検索するとトランプ大統領のアカウントが最初に表示されるようになる

アメリカの歴代大統領の中でも特にTwitterを頻繁に利用(是非は別として)してきたドナルド・トランプ大統領。そんな彼のアカウントがTwitter上で思わぬ表示の仕方をされるようになったことが話題を呼んでいる。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。