Interview

【インタビュー】(sic) boy & KM 『(sic)’s sense』| 東京の感覚ではスクリュー、ブーンバップ、トラップ、エモ、オルナタ、J-ROCKをごちゃまぜにできる

釈迦坊主が主催する新世代のラッパーたちが多く出演するイベント『TOKIO SHAMAN』から頭角を現したラッパー・(sic) boy(ex. syd the lynch)が、日本を代表するプロデューサー・KMと共作でEP『(sic)’s sense』を発表した。

【インタビュー】Jclef|地球滅亡の一時間前を描く

ラップでもなく、ボーカルでもないユニークな歌唱法、ドラマチックなストーリの展開、またそれを一つに合わせる洗練されたプロダクションまで、どれもが高い完成度で絶賛を浴びた。今の彼女は、インディペンデントからレーベルに加入し、新たな一歩を踏み出そうとしている。次のアルバムに取り組んでいる彼女から、これまでの音楽キャリアとこれからの活動を訊いた。

【メールインタビュー】Qrion 『Waves』| サンフランシスコでの生活、そしてレーベルとの契約

世界的にシーンが連動しているクラブ・ミュージック。海外に移住して活躍する日本人DJは数少ない。

【インタビュー】JUBEE | ようやく自分を取り戻せた2019年

2015年2月にCreativeDrugStore(以下 : CDS)から“FRESH”のミュージックビデオが公開され、正式にCDSへ加入したJUBEE。

【インタビュー】VaVa 『Cyver‬』| VAVALANDにようこそ

昨年アルバム『VVORLD』をリリースし、その飾らない姿勢とキャッチーな楽曲で幅広い支持を得たVaVa。昨春から夏にかけて行なったリリースツアーでも、そのエネルギッシュなパフォーマンスが反響を呼びWWW Xで行われたワンマンライヴは即完売となった。

【鼎談】Ed Piskor、Ghetto Hollywood & PUNPEE | アメコミとマンガ、そしてヒップホップ

PUNPEEが昨年末にリリースしたBlu-ray『SEASONS GREETINGS'18』。2018年5月に新木場スタジオコーストにて開催されたワンマンライブの模様を収録したこの作品のカバーアートを手がけたのはヒップホップの歴史をアメコミ形式でまとめあげた名作『HIPHOP家系図』でも知られるEd...

【インタビュー】Ican Harem (Gabber Modus Operandi) | 宗教と伝統、そして反骨精神

Ican Harem(イチャン・ハレム)という人物をご存知だろうか。彼はこの年末WWWでのカウントダウンギグを控えたGabber Modus Operandiの一員でありながら、複数のアートコレクティブにも参加するペインターであり、パフォーマーであり、アーティストである。また自身のファッションプロジ...

【インタビュー】LIM KIM|「東洋と女性」のステレオタイプを打ち壊す新しい姿

「東洋と女性」をテーマにアルバム『GENERASIAN』をリリースしたLIM KIMは、以前はフォークポップデュオTogeworlのメンバー、そしてソロシンガーのキム・イェリムとして活動していたが、4年間の空白を経て改名し自身とプロデューサーのNo Identityによるディレクションの元これまでの...

【インタビュー】LEX 『!!!』| 不幸の連鎖から抜け出すために

LEXが今年2作目となるニューアルバム『!!!』をリリースした。4月にリリースしたデビューアルバム『LEX DAY GAMES 4』以前から、SoundCloudを中心に楽曲を発表し、同年代のユース層などを中心に大きな注目を集めてきたLEX。

【インタビュー】加藤ミリヤ『M BEST II』|「どメジャーなマイノリティ」の15年を振り返る

加藤ミリヤがキャリア15周年を総括するベストアルバム「M BEST II」をリリースする。今回は彼女の足跡を振り返りつつ、彼女が現在にいたるまで何を考えていたのか、迫ってみた。DEV LARGEとのレアなエピソードや「ディア・ロンリーガール」に関する当時の気持ちも話してくれた。

【インタビュー】土谷正洋|10周年を迎えたRainbow Disco Clubが世界にかける虹

新緑と太陽の光が爽やかな風に踊る4月下旬、海と山に囲まれた伊豆に3日間だけ現れる楽園を目指して世界中から個性豊かな人々が集い踊っている。ダンスミュージックに特化した野外フェスとして、名実ともに国内トップと言えるRainbow Disco Club (以下、RDC) の光景である。

【インタビュー】FAKY 『ANTIDOTE』| ナチュラルな強さを

2013年に活動をスタートさせたグループFAKYは、昨年末にAnnaが脱退し新たにTakiとHinaが加入し5人体制として、メンバー曰く「シーズン3」の幕が開いたばかりだ。8月の"GIRLS GOTTA LIVE"、10月の"ANTIDOTE"と立て続けにリリースされたシングルは、グローバルな音楽の...

【メールインタビュー】SebastiAn 『Thirst』|心から好奇心を持つこと

00年代後半よりフレンチエレクトロの一大ムーブメントを起こしたレーベルEd Bangerに所属し、SAINT LAURENTのコレクション音楽でも知られるSebastiAnが、デビュー作『Total』から8年ぶりとなるニューアルバム『Thirst』をリリースした。

【インタビュー】石若駿 | Answer to Rememberはドラムをめちゃくちゃ叩くプロジェクト

元々のルーツであるジャズシーンではもとより、最近ではKID FRESINOのバンドやくるりの全国ツアーのドラムも務めるなど日本のポピュラー音楽界のキーパーソンになりつつあるドラマーの石若駿。 その石若がフロントマン及びプロデューサーを務める、新しいエクスペリメンタル・ミュージッ...

【インタビュー】NF Zessho × Aru-2 『AKIRA』|型にはまると面白くない

ジョイントアルバム『AKIRA』は、Aru-2が生み出す時代の最先端でもありオーセンティックでもある独特なグルーヴ感を持つビートと、NF Zesshoのスキルフルかつ鋭いラップとのコントラストが印象的な作品である。リリースを前にした2人に、今回の作品についてインタビューを行った。
view more