グラミー賞でのパフォーマンスをKendrick LamarやDrake、Childish Gambinoなどが相次いで断る

いよいよ現地時間の2月10日に迫るグラミー賞の授賞式だが、ヒップホップアーティストが相次いで授与式でのパフォーマンスのオファーを断っていると伝えられている。

New York Timesによると、現時点でKendrick Lamar、Drake、Childish Gambinoがパフォーマンスのオファーを断ったそう。授与式のプロデューサーの1人であるKen Ehrlichはこの件について、グラミー賞自体がヒップホップシーンとの繋がりを作るのに失敗したのが要因の1つだと語っている。
「事実として、我々はヒップホップシーンとの間に問題を抱え続けている」と語ったKenは続けて、「彼らが大きな賞を受け取らないとき、協会への敬意やグラミー賞の権威は、ヒップホップコミュニティにとってそれほど意味のあるものではなくなってきている。悲しいことだ」と後悔の念を口にした。
実際、上記の3人はいずれも今年のグラミー賞にノミネートされているが、以前よりグラミー賞では白人優遇が問題になっており、そのような要因も今回のオファーの拒否につながったのかもしれない。

また、VarietyではAriana Grandeもパフォーマンスのオファーを断ったと伝えられている。最近ではタトゥーも話題になった彼女は、最新シングル“7 Rings”をパフォーマンスしたかったそうなのだが、それをプロデューサー側が拒否。その後、一旦はプロデューサー側が演奏の許可を出したものの、結局Ariana側に楽曲を決める権利はなかったそうで、これを「侮辱された」と感じた彼女はパフォーマンスの拒否のみならず授与式自体を欠席することにしたそうだ。グラミー賞では前述した黒人差別と同様に、女性差別も以前から問題になっているが、解消への道のりはまだまだ遠いと言えるだろう。

だが今年はKendrick LamarやDrake、Cardi Bなどが主要賞にノミネートされており、去年よりもヒップホップアーティストが受賞する可能性は高いと見られている。今後のグラミー賞とヒップホップコミュニティのためにも今年の発表に期待したい。

RELATED

Drakeが名ミックステープ『So Far Gone』の再々リリースによってFutureとBillboardチャートで1位を獲った回数で並ぶ

Drakeのデビューミックステープ『So Far Gone』といえば、今もなお名作として語り継がれる作品の1つだが、Kanye Westのビートをサンプリングした“Say What's Real”が収録されていることもあり、権利の問題でこれまでストリーミングサービスでフルヴァージョンを聴くことは出来なかった。しかし、先日ついに『So Far Gone』のリリース10周年を記念して、各ストリーミングサービスでフルヴァージョンが配信された。そして、このリリースによってDrakeはBillboardのR&B/HipHopアルバムチャートで1位になった回数でFutureと並ぶこととなった。

Offsetがアルバム『FATHER OF 4』でKendrick Lamarをゲストに迎えようとしていたことを明かす

先週金曜日にリリースされたOffset初のソロアルバム『FATHER OF 4』。プロデューサーにSouthsideとMetro Boominを迎え、J. ColeやGunna、Cardi B、Travis Scottなどをフィーチャーした豪華なメンバーの同作だが、OffsetはさらにKendrick Lamarが参加する楽曲を制作しようとしていたという。

Kendrick Lamarが97000曲ものビートをキープしていると関係者が語る

FNMNLでヒップホップのニュースをチェックしている方は、「曲がたくさんある」というボーストをラッパーが行なっている様子を目にしたことが一度はあるだろう。「15000曲をレコーディングした」というYoung Thugや「65000曲のストックがある」というAnderson .Paakの発言をこれまで紹介してきたが、今回はこの「いっぱいあるシリーズ」にKendrick lamarが加わった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。