Drake

Billie Eilishが自身とネットでやりとりをしているDrakeに対する「気持ち悪い」との声に反論

先日の2020年グラミー賞授賞式にて、主要4部門全てを含む5冠を達成する偉業を成し遂げたBillie Eilish。そんな彼女と個人的に親しくしているDrakeが、思わぬ批判を受けているようだ。

StormzyがUKグライムやドリルを自身の楽曲に取り入れるDrakeを称賛する

今年3月に来日公演を開催するUKのトップラッパーStormzyがCharlamagne tha Godとのインタビューで、DrakeがUKグライムやドリルを自身の楽曲に取り入れている事を称賛した。

FutureとDrakeのコラボ曲“Life Is Good”のMVが公開

先日よりコラボプロジェクトが予告されていたFutureとDrakeの二人が、コラボ曲“Life is Good”をリリース。同時にMVも公開となった。

Tyler, The Creatorが自身主催のフェス『Camp Flog Gnaw』に出演したDrakeがブーイングを浴びたことについて再度リアクション|新曲を2曲同時リリース

先月開催されたTyler. The Creator主催のフェス『Camp Flog Gnaw』。そこにシークレットゲストとして出演したDrakeが、Frank Oceanの出演を期待していた観客からブーイングを浴び退場してしまったことを覚えているだろうか?当時Twitterにて抗議を行なっていたTylerが、先日公開されたインタビューにて再びその一件に言及している。

Spotifyが2019年および2010年代の音楽シーンを振り返るランキングを発表|Drakeが2010年代に最も多く再生されたアーティストに

世界最大の音楽ストリーミングサービスSpotifyが、2019年および2010年代の音楽を振り返るランキングを発表した。

Diploが「Twitterで言ったジョークのせいでDrakeに嫌われた」と明かす

先日はTyler, The Creator主催のフェス『Camp Flog Gnaw』にサプライズゲストとして出演したもののブーイングを浴びたことが話題となったDrake。トップアーティストとして多大な人気を誇る一方でビーフや人間関係上のトラブルを数多く抱えることでも知られる彼が、とある理由でDiploのことを嫌っていたようだ。

Tory LanezがCamp Flog Gnawでブーイングを受けたDrakeを「お前の出る幕は無かった」とからかう

先日開催されたTyler, The Creator主催の音楽フェスCamp Flog Gnaw。その2日目のヘッドライナーは事前の告知では伏せられており、多くのリスナーはここ最近動きが活発化してきたTylerの盟友Frank Oceanの出演を期待していた。しかし、実際のサプライズゲストはA$AP Rocky、Lil Uzi Vert、Drakeの三人。Frank Oceanを期待していた観客はDrakeのライブ中にブーイングを浴びせ、それを受けたDrakeが出番の途中でステージから姿を消してしまったことが話題となった。そんなDrakeが受けた気の毒な扱いについて、同郷であるトロント出身のラッパーTory Lanezが語っている。

Camp Flog GnawにDrakeがサプライズゲストとして登場するも観客からブーイングを浴びて降板

今週末の2日間に渡って開催された、Tyler,The Creator主催のフェス『Camp Flog Gnaw』。毎年、豪華なアーティストがラインナップに名を連ねることもあり、非常に人気のフェスだが今回、サプライズゲストとして登場したDrakeが観客からブーイングを浴びるという異例の事態が起きた。

Drakeが新会社を設立しマリファナビジネスに参入へ

Snoop DoggやWiz Khalifa、昨年にはJay-Zとマリファナビジネスを行っているラッパーが増えてきているが、ついにDrakeもマリファナビジネスに参入することが明らかになった。

Drakeのバースデイパーティで宿敵Pusha Tの曲をかけたDJがプレイを止められる

DrakeとPusha Tといえば昨年にかけて、近年稀にみる激しいビーフを繰り広げたことは記憶に新しい。Pusha T側が終結宣言を行ったものの、今年のNBAファイナルなど、今もなお両者のビーフは様々な場面に影響を及ぼしている。そんな中、先日行われたDrakeのバースデイパーティにて、彼の因縁の相手であるPusha Tの楽曲をかけたDJがプレイを止められるという事態が発生した。

Drakeが自身の父親の主張に対して「俺は真実しかラップしていない」と返答

今やストリーミングの帝王として圧倒的な人気を誇るDrake。そんな彼は度々、楽曲の中で自身の父親との疎遠な関係やわだかまりについてラップしているのだが今回、ラジオ番組に登場したDrakeの父親が息子のラップについて事実と異なるという主張をし、話題になっている。

WileyがまたもやDrakeを「カルチャーのハゲタカ」「異教徒」とディス

以前、Drakeがダンスホールを取り入れた楽曲を発表した際にUKのアーティストたちから「文化の盗用」として批判を受けたことを覚えているだろうか?中でも急先鋒に立ってDrakeを非難していたベテラングライムMCのWileyが、またもやDrakeをディスし話題を呼んでいる。

DrakeがNBAのシューティングコーチとともにジャンプシュートを練習

Drakeといえば、地元トロントのNBAチームであるトロントラプターズに対する過剰な愛も話題になるほどのバスケ好きとして知られているが、そんな彼が今回、NBAのシューティングコーチとともにジャンプシュートの練習を行った。

Drakeがビートルズのタトゥーを入れたところビートルズのファンから怒りを買う

昨年のアルバム『Scorpion』をリリースした際に数々のチャート上の記録を打ち立てたDrake。特に全米シングルチャートトップ10にランクインした数がビートルズを超えたことは大きな話題を呼んだが、そんな彼が自身の腕にビートルズのタトゥーを入れたことで非難を浴びている。

Drakeがトロントラプターズの選手契約のミーティングに参加する可能性

先月のNBAファイナル2019で初の優勝を成し遂げたトロントラプターズ。その勝利に「Drakeの呪い」で大きく貢献したとの噂もあり、また同チームのグローバルアンバサダーも務めるDrakeが、なんと選手の契約を決める重要なミーティングに参加する可能性があるようだ。 Complexが報じるところに...
view more