WileyがまたもやDrakeを「カルチャーのハゲタカ」「異教徒」とディス

以前、Drakeがダンスホールを取り入れた楽曲を発表した際にUKのアーティストたちから「文化の盗用」として批判を受けたことを覚えているだろうか?中でも急先鋒に立ってDrakeを非難していたベテラングライムMCのWileyが、またもやDrakeをディスし話題を呼んでいる。

DrakeがNBAのシューティングコーチとともにジャンプシュートを練習

Drakeといえば、地元トロントのNBAチームであるトロントラプターズに対する過剰な愛も話題になるほどのバスケ好きとして知られているが、そんな彼が今回、NBAのシューティングコーチとともにジャンプシュートの練習を行った。

Drakeがビートルズのタトゥーを入れたところビートルズのファンから怒りを買う

昨年のアルバム『Scorpion』をリリースした際に数々のチャート上の記録を打ち立てたDrake。特に全米シングルチャートトップ10にランクインした数がビートルズを超えたことは大きな話題を呼んだが、そんな彼が自身の腕にビートルズのタトゥーを入れたことで非難を浴びている。

Drakeがトロントラプターズの選手契約のミーティングに参加する可能性

先月のNBAファイナル2019で初の優勝を成し遂げたトロントラプターズ。その勝利に「Drakeの呪い」で大きく貢献したとの噂もあり、また同チームのグローバルアンバサダーも務めるDrakeが、なんと選手の契約を決める重要なミーティングに参加する可能性があるようだ。 Complexが報じるところに...

ウォリアーズがNBAファイナル第3戦の試合前にPusha TのDrakeディス曲をプレイしておちょくる

過熱するNBAファイナルと同時に、ラプターズを応援するDrakeとウォリアーズのコート外でのバトルも盛り上がりをみせている。

NBAファイナルの影響でDrakeの楽曲がベイエリアのラジオ局で放送禁止に

今年のNBAファイナルはゴールデンステート・ウォリアーズとトロント・ラプターズの顔合わせとなっている。両者1勝ずつで本日第3戦が行われているが、ラプターズを後押しするDrakeのおかげでヒップホップファンも興味津々となっているようだ。

NBAがラプターズに対してDrakeの試合中のコートサイドでの問題行動を警告か

チーム創設以来初となるNBAファイナル進出を決めたトロント・ラプターズ。ラプターズの大ファンとして知られるのが地元のトップアーティストDrakeだ。

Drakeの呪いに対抗すべくNBAチームミルウォーキー・バックスのオーナーの娘がDrakeのビーフ相手だったPusha-TのTシャツを着て試合を観戦する

スポーツ界でまことしやかに囁かれているDrakeの呪い。最近ではDrakeが自身の呪いを逆手に取り、相手チームのジャージを着て、彼が応援するNBAチーム、トロント・ラプターズの勝利に貢献するなどスポーツ界を恐怖に落としいれている。そんなDrakeに対して、“毒をもって毒を制す”の姿勢で立ち向かう女性が現れた。

NBAチーム76ersのオーナーがDrakeの呪いによって負けを喫した事に対して恨みを述べる

先日スポーツ界でまことしやかに囁かれているDrakeの呪いを紹介したが、その呪いによって実際に試合で負けを喫した76ersの共同所有者がCNBCのインタビューに応じた。

スポーツ界に広まるDrakeの呪いの恐怖 | 魔除けのために対戦相手の地元ラジオ局がDrakeの楽曲を放送禁止に

言わずと知れたヒップホップシーンのトップアーティストDrakeだが、最近ではスポーツ界にも影響力を及ぼし始めている。

Drakeが地元のNBAチームであるトロント・ラプターズを勝利に導くため相手チームに呪いをかける

以前紹介した、「サッカー選手がDrakeと写真を撮るとそのチームが試合に負ける」という「Drakeの呪い」を覚えているだろうか?今回、Drakeが自身の不幸な能力を逆手にとって地元のNBAチームを援護したようだ。

サッカー界で「Drakeと写真を撮った選手がいるチームは試合に負ける」というジンクスが広がる|イタリアのチームはDrakeと選手を接触禁止に

スポーツのような勝負事の世界にはジンクスがつきものだが、現在サッカー選手にとってDrakeが恐怖の対象となっているらしい。

Lil Nas Xの"Old Town Road"がDrakeが持っていた1週間のストリーミング再生回数記録を更新

ついにビルボードチャートでも1位を獲得した新鋭ラッパーLil Nas Xの"Old Town Road"の勢いは天井知らずのようだ。快挙達成に続き、ストリーミング記録の絶対王者Drakeが持っていた1週間のストリーミング再生記録を塗り替えてしまったのだ。

Drakeが「文化の盗用」という批判に対して応答する

しばしば音楽シーンにおいても他の文化圏から生まれたジャンルなどを、白人などが拝借して使用する、いわゆる「文化の盗用」が問題になっている。

ヘイターに「2曲しか良い曲が無い」と言われたT.I.が「2曲でこんな生活が出来る訳ないだろ」と諭す

近頃はKodak Blackの発言を批判したことが話題となっているT.I.。トラップのパイオニアとして偉大な功績を残している彼が、ヘイターに失礼なコメントをぶつけられたときの理想的な対応を見せている。
もっと見る