Camp Flog GnawにDrakeがサプライズゲストとして登場するも観客からブーイングを浴びて降板

今週末の2日間に渡って開催された、Tyler,The Creator主催のフェス『Camp Flog Gnaw』。毎年、豪華なアーティストがラインナップに名を連ねることもあり、非常に人気のフェスだが今回、サプライズゲストとして登場したDrakeが観客からブーイングを浴びるという異例の事態が起きた。

Drakeが新会社を設立しマリファナビジネスに参入へ

Snoop DoggやWiz Khalifa、昨年にはJay-Zとマリファナビジネスを行っているラッパーが増えてきているが、ついにDrakeもマリファナビジネスに参入することが明らかになった。

Drakeのバースデイパーティで宿敵Pusha Tの曲をかけたDJがプレイを止められる

DrakeとPusha Tといえば昨年にかけて、近年稀にみる激しいビーフを繰り広げたことは記憶に新しい。Pusha T側が終結宣言を行ったものの、今年のNBAファイナルなど、今もなお両者のビーフは様々な場面に影響を及ぼしている。そんな中、先日行われたDrakeのバースデイパーティにて、彼の因縁の相手であるPusha Tの楽曲をかけたDJがプレイを止められるという事態が発生した。

Drakeが自身の父親の主張に対して「俺は真実しかラップしていない」と返答

今やストリーミングの帝王として圧倒的な人気を誇るDrake。そんな彼は度々、楽曲の中で自身の父親との疎遠な関係やわだかまりについてラップしているのだが今回、ラジオ番組に登場したDrakeの父親が息子のラップについて事実と異なるという主張をし、話題になっている。

WileyがまたもやDrakeを「カルチャーのハゲタカ」「異教徒」とディス

以前、Drakeがダンスホールを取り入れた楽曲を発表した際にUKのアーティストたちから「文化の盗用」として批判を受けたことを覚えているだろうか?中でも急先鋒に立ってDrakeを非難していたベテラングライムMCのWileyが、またもやDrakeをディスし話題を呼んでいる。

DrakeがNBAのシューティングコーチとともにジャンプシュートを練習

Drakeといえば、地元トロントのNBAチームであるトロントラプターズに対する過剰な愛も話題になるほどのバスケ好きとして知られているが、そんな彼が今回、NBAのシューティングコーチとともにジャンプシュートの練習を行った。

Drakeがビートルズのタトゥーを入れたところビートルズのファンから怒りを買う

昨年のアルバム『Scorpion』をリリースした際に数々のチャート上の記録を打ち立てたDrake。特に全米シングルチャートトップ10にランクインした数がビートルズを超えたことは大きな話題を呼んだが、そんな彼が自身の腕にビートルズのタトゥーを入れたことで非難を浴びている。

Drakeがトロントラプターズの選手契約のミーティングに参加する可能性

先月のNBAファイナル2019で初の優勝を成し遂げたトロントラプターズ。その勝利に「Drakeの呪い」で大きく貢献したとの噂もあり、また同チームのグローバルアンバサダーも務めるDrakeが、なんと選手の契約を決める重要なミーティングに参加する可能性があるようだ。 Complexが報じるところに...

ウォリアーズがNBAファイナル第3戦の試合前にPusha TのDrakeディス曲をプレイしておちょくる

過熱するNBAファイナルと同時に、ラプターズを応援するDrakeとウォリアーズのコート外でのバトルも盛り上がりをみせている。

NBAファイナルの影響でDrakeの楽曲がベイエリアのラジオ局で放送禁止に

今年のNBAファイナルはゴールデンステート・ウォリアーズとトロント・ラプターズの顔合わせとなっている。両者1勝ずつで本日第3戦が行われているが、ラプターズを後押しするDrakeのおかげでヒップホップファンも興味津々となっているようだ。

NBAがラプターズに対してDrakeの試合中のコートサイドでの問題行動を警告か

チーム創設以来初となるNBAファイナル進出を決めたトロント・ラプターズ。ラプターズの大ファンとして知られるのが地元のトップアーティストDrakeだ。

Drakeの呪いに対抗すべくNBAチームミルウォーキー・バックスのオーナーの娘がDrakeのビーフ相手だったPusha-TのTシャツを着て試合を観戦する

スポーツ界でまことしやかに囁かれているDrakeの呪い。最近ではDrakeが自身の呪いを逆手に取り、相手チームのジャージを着て、彼が応援するNBAチーム、トロント・ラプターズの勝利に貢献するなどスポーツ界を恐怖に落としいれている。そんなDrakeに対して、“毒をもって毒を制す”の姿勢で立ち向かう女性が現れた。

NBAチーム76ersのオーナーがDrakeの呪いによって負けを喫した事に対して恨みを述べる

先日スポーツ界でまことしやかに囁かれているDrakeの呪いを紹介したが、その呪いによって実際に試合で負けを喫した76ersの共同所有者がCNBCのインタビューに応じた。

スポーツ界に広まるDrakeの呪いの恐怖 | 魔除けのために対戦相手の地元ラジオ局がDrakeの楽曲を放送禁止に

言わずと知れたヒップホップシーンのトップアーティストDrakeだが、最近ではスポーツ界にも影響力を及ぼし始めている。

Drakeが地元のNBAチームであるトロント・ラプターズを勝利に導くため相手チームに呪いをかける

以前紹介した、「サッカー選手がDrakeと写真を撮るとそのチームが試合に負ける」という「Drakeの呪い」を覚えているだろうか?今回、Drakeが自身の不幸な能力を逆手にとって地元のNBAチームを援護したようだ。
もっと見る