Travis ScottがOVOのNoah “40” Shebibのブログ記事にインスパイアされ活動を始めたことが明かされる

「現在のヒップホップシーンにおけるトップスターは誰か」と聞かれれば、Travis ScottとDrakeの名前を挙げる者は多いはずだ。今やシーンの2大巨頭となった二人だが、若き日のTravis ScottがDrakeのレーベルOVOのブログ記事に強く影響を受けたことが語られている。

Geniusによると、先日OVOのプロデューサーであるNoah “40” ShebibがPodcastの番組『The ETC with Kevin Durant』に出演。そこで、キャリア初期のTravis Scottと自身についてのエピソードを明かした。2009年、40はOVOのブログにて「『So Far Gone』は小さなM-Boxと、TLM-103のマイクのみで作られた」と、当時としては異例の小規模な環境と機材でDrakeの1stミックステープにして出世作『So Far Gone』を制作したことを綴っていた。Travis Scottはその記事を読み感銘を受けたようで、40と会った際にそのことを明かしていたという。

40は「俺が初めてTravis Scottと会ったのはロンドンで開催されたWireless Festivalだった。彼は俺のところに来て、“40、OVOのブログで、必要なのはマイクとインターフェース、ラップトップだけだと記事にしていたよな”と話しかけてきた。俺は“誰にもそれ以上が必要だと言わせるな、それが全てなんだ”と言った。すると彼は“あの投稿を俺は自分の母親に見せて、彼女にこのマイクとラップトップを買ってくれ、これが俺が必要とする全てなんだ、って頼んだんだよ。彼女はそれを買ってくれて、それで今の俺があるんだ”って言ってくれたんだ」と語っており、Travis Scottが本格的な制作を始めるにあたってOVOの記事に掲載された機材を母親にねだっていたというエピソードを知ることが出来る。

当時のTravis Scottの初々しい一面が窺えると同時に、Drakeの傑作が最小限の機材で制作されていたという事実は、若きアーティストたちに大きな勇気を与えるはずだ。

related

DrakeがSpotify史上初めて合計500億回再生を突破

アルバムやシングルを発表する度に大きな話題を呼び、これまでにもチャートで歴史的な記録を数多く樹立してきたDrake。そんな彼が、また新たに驚くべき記録を打ち立てたようだ。

俳優のビル・マーレイとJenny LewisがDrakeの“Laugh Now Cry Later”をカバー

シンガーソングライターのJenny Lewisと、『ゴーストバスターズ』シリーズや『恋はデジャ・ブ』、『ロスト・イン・トランスレーション』などで知られる俳優のビル・マーレイが、DrakeとLil Durkの“Laugh Now Cry Later”をカバーしている。

Travis Scottプロデュースのアルコール飲料「Cacti」の詳細が明らかに

今年の9月、オリジナルのアルコール飲料「Cacti」を発売予定であることが報じられたTravis Scott。今回、そんな「Cacti」の詳細が発表され話題を呼んでいる。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。