Diploが「Twitterで言ったジョークのせいでDrakeに嫌われた」と明かす

先日はTyler, The Creator主催のフェス『Camp Flog Gnaw』にサプライズゲストとして出演したもののブーイングを浴びたことが話題となったDrake。トップアーティストとして多大な人気を誇る一方でビーフや人間関係上のトラブルを数多く抱えることでも知られる彼が、とある理由でDiploのことを嫌っていたようだ。

Complexによると、DiploはThe Cutにて公開されたインタビューの中でDrakeに「確実に嫌われている」と語り、TwitterとInstagramのフォローを共に外されたことを明かしている。その理由はDiploの公式Twitterアカウントを運営する人物が「Drakeの隠し子のAdonisがBrockhamptonに加入している」という趣旨のジョークをツイートしたからで、Diplo自身も「正確には覚えてないけど、マジで面白かったような気がする」とジョークを気に入っていたことを明かした。しかし時が流れた現在ではDiploも当時のことを反省しているそうで、「戻って来てくれ!悪かった」と反省の意を示している。

Drakeの隠し子のAdonisは昨年ヒップホップシーンの話題を席巻したPusha Tとのビーフの主なトピックになるなど彼にとって非常にセンシティブな話題であるため、Diploがジョークを飛ばしたことを気に入らなかったのだろう。

Diplo自身は反省しているようだが、今後Drakeが再び彼に心を開くことはあるのだろうか?

related

DrakeがSpotify史上初めて合計500億回再生を突破

アルバムやシングルを発表する度に大きな話題を呼び、これまでにもチャートで歴史的な記録を数多く樹立してきたDrake。そんな彼が、また新たに驚くべき記録を打ち立てたようだ。

俳優のビル・マーレイとJenny LewisがDrakeの“Laugh Now Cry Later”をカバー

シンガーソングライターのJenny Lewisと、『ゴーストバスターズ』シリーズや『恋はデジャ・ブ』、『ロスト・イン・トランスレーション』などで知られる俳優のビル・マーレイが、DrakeとLil Durkの“Laugh Now Cry Later”をカバーしている。

Drakeが自身と同じ香りのするキャンドルを販売

今年5月にミックステープ『Dark Lane Demo Tapes』をリリースして以来まとまった作品は出していないものの、依然としてスターの地位を不動のものとしているDrake。そんな彼が、なんとフレグランス業界に参入し、まさかの商品を発売しようとしているようだ。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。