Spotifyが2019年および2010年代の音楽シーンを振り返るランキングを発表|Drakeが2010年代に最も多く再生されたアーティストに

世界最大の音楽ストリーミングサービスSpotifyが、2019年および2010年代の音楽を振り返るランキングを発表した。

2019年の「世界で最も再生されたアーティスト」には、今年だけで65億回以上の再生回数を記録したPost Maloneが輝いた。10月にリリースされた最新アルバム『Hollywood's Bleeding』も、配信開始から僅か12週間で「世界で最も再生されたアルバム」の2位となった。

「世界で最も再生されたアーティスト」の2位と3位にはBillie EilishとAriana Grandeがそれぞれランクイン。Billie Eilishは今年60億以上の総再生回数を記録し、1stアルバム『WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?』が「世界で最も再生されたアルバム」となった。Spotifyで女性アーティストのアルバムが年間最も再生されたアルバムとなるのは初である。

「世界で最も再生された楽曲」はShawn Mendes、Camilla Cabelloの“Senorita”で、10億以上の再生回数を記録。続いてBillie Eilishの“bad guy”、Post Malone、Swae Leeの“Sunflower”、Ariana Grandeの“7 rings”、Lil Das XとBilly Ray Cyrusの“Old Town Road - Remix”がランクインしている。

さらに、Spotifyからは2010年代の終わりに、過去10年間に世界で最も再生されたアーティストのランキングも発表されている。1位は280億回以上の総再生回数を記録したDrakeで、Ed Sheeran、Post Malone、Ariana Grande、Eminemがこれに続く結果となった。

ちなみに、海外で最も再生された日本のアーティストの楽曲の1位にはTeriyaki Boyzの“Tokyo Drift”が輝いている。

果たして来年、そして2020年代にはどのようなアーティストや楽曲がヒットするのだろうか?主なランキングはInfoから。

Info

2019年 Spotify グローバルランキング

世界で最も再生されたアーティスト
1. ポスト・マローン
2. ビリー・アイリッシュ
3. アリアナ・グランデ
4. エド・シーラン
5. バッド・バニー

世界で最も再生された男性アーティスト
1. ポスト・マローン
2. エド・シーラン
3. バッド・バニー
4. カリード
5. J.バルヴィン

世界で最も再生された女性アーティスト
1. ビリー・アイリッシュ
2. アリアナ・グランデ
3. テイラー・スイフト
4. カミラ・カベロ
5. ホールジー

世界で最も再生された K-POPアーティスト
1. BTS
2. BLACKPINK
3. TWICE
4. EXO
5. Red Velvet

世界で最も再生された楽曲
1. Señorita/ショーン・メンデス、カミラ・カベロ
2. bad guy/ビリー・アイリッシュ
3. Sunflower - Spider-Man: Into the Spider-Verse/ポスト・マローン、スワエ・リー
4. 7 rings/アリアナ・グランデ
5. Old Town Road - Remix/ビリー・レイ・サイラス、リル・ナズ・X

世界で最も再生されたアルバム
1. WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?/ビリー・アイリッシュ
2. Hollywood's Bleeding/ポスト・マローン
3. thank u, next/アリアナ・グランデ
4. No.6 Collaborations Project/エド・シーラン
5. Shawn Mendes/ショーン・メンデス

2019年 Spotify ジャパンランキング

日本国内で最も再生されたアーティスト
1.あいみょん
2. Official 髭男 dism
3. ONE OK ROCK
4. BTS
5. TWICE
*本ランキングはプレイリストで紹介しています
Top Artists of 2019 Japan: https://spoti.fi/TopArtistsJP2019

日本国内で最も再生された楽曲
1. Pretender/Official 髭男 dism
2. マリーゴールド/あいみょん
3.白日/King Gnu
4. 君はロックなんて聴かない/あいみょん
5. 今夜このまま/あいみょん
*本ランキングはプレイリストで紹介しています
Top Tracks of 2019 Japan: https://spoti.fi/TopTracksJP2019

日本国内で最も再生されたアルバム

1.瞬間的シックスセンス/あいみょん
2. Traveler/Official 髭男 dism
3. アンコール/back number
4.青春のエキサイトメント/あいみょん
5. エスカパレード/Official 髭男 dism
*本ランキングはプレイリストで紹介しています
Top Albums of 2019 Japan: https://spoti.fi/TopAlbumsJP2019

海外で最も再生された国内アーティスト
1. ONE OK ROCK
2. RADWIMPS
3. 宇多田ヒカル
4. LISA
5. Aimer

海外で最も再生された国内アーティストの楽曲
1. Tokyo Drift (Fast & Furious) - From "The Fast And The Furious: Tokyo Drift Soundtrack/Teriyaki Boyz
2. unravel/TK from凛として時雨
3. Face My Fears - English Version/宇多田ヒカル、スクリレックス
4. ピースサイン/米津玄師
5. シルエット/KANA-BOON
*本ランキングはプレイリストで紹介しています
Global Hits from Japan 2019: https://spoti.fi/GlobalHitsJP2019

2010年代に世界で最も再生されたアーティスト
1. ドレイク
2. エド・シーラン
3.ポスト・マローン
4. アリアナ・グランデ
5. エミネム

2010年代に世界で最も再生された女性アーティスト
1. アリアナ・グランデ
2. リアーナ
3. テイラー・スウィフト
4. シーア
5. ビヨンセ

2010年代に世界で最も再生された楽曲
1. Shape of You/エド・シーラン
2. One Dance/ドレイク、WizKid、Kyla
3. rockstar (feat 21 Savage)/ボスト・マローン、21 Savage
4. Closer/ザ・チェインスモーカーズ、ホールジー
5. Thinking out Loud/エド・シーラン

なおSpotify ユーザーは、自身が今年最も聴いた楽曲やアーティストをSpotify上および下記特設サイト「あ なたの2019年まとめ」でご覧いただけるようになります。また、今年よく聴いた楽曲を集めた「My Top Song 2019」プレイリストもお届けいたします。 特設サイト「あなたの2019年まとめ」近日公開 https://www.spotify.com/wrapped

related

Spotify × FNMNLオフィシャルプレイリスト Vol.169|Pop Smoke、Tohji、Lil Teccaなど全70曲を更新

世界最大の音楽ストリーミングサービスSpotifyで展開中のFNMNLによるオフィシャルプレイリスト。全70曲中、毎週リリースされる新譜から編集部がラップなどを中心にピックアップした35曲を追加し、毎週木曜に更新。

Spotify × FNMNLオフィシャルプレイリスト Vol.168|slowthai、STUTS、SPARTAなど全70曲を更新

世界最大の音楽ストリーミングサービスSpotifyで展開中のFNMNLによるオフィシャルプレイリスト。全70曲中、毎週リリースされる新譜から編集部がラップなどを中心にピックアップした35曲を追加し、毎週木曜に更新。

Spotify × FNMNLオフィシャルプレイリスト Vol.167|Big Sean、 SZA、tofubeatsなど全70曲を更新

世界最大の音楽ストリーミングサービスSpotifyで展開中のFNMNLによるオフィシャルプレイリスト。全70曲中、毎週リリースされる新譜から編集部がラップなどを中心にピックアップした35曲を追加し、毎週木曜に更新。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。