俳優のビル・マーレイとJenny LewisがDrakeの“Laugh Now Cry Later”をカバー

シンガーソングライターのJenny Lewisと、『ゴーストバスターズ』シリーズや『恋はデジャ・ブ』、『ロスト・イン・トランスレーション』などで知られる俳優のビル・マーレイが、DrakeとLil Durkの“Laugh Now Cry Later”をカバーしている。

Complexによると、Jenny Lewisとビル・マーレイが今週水曜に行ったInstagramライブにて、“Laugh Now Cry Later”のカバーが披露された。

Jenny Lewisがベースを弾き、ビル・マーレイがドラムを担当。独特のグルーヴが生まれた、二人ならではのセッションとなっている。

二人は2015年にNetflixにて配信されたソフィア・コッポラ監督による『ビル・マーレイ・クリスマス』で共演。今回もクリスマスにちなんだライブ配信だったようだが、ビル・マーレイがDrakeのカバーに参加する姿を見られるのは貴重な機会だろう。

皆さんはどのようなクリスマスをお過ごしだろうか。是非こちらの動画やビル・マーレイが出演する映画を観て、クリスマス気分を盛り上げてみて欲しい。

related

Drakeが自身と同じ香りのするキャンドルを販売

今年5月にミックステープ『Dark Lane Demo Tapes』をリリースして以来まとまった作品は出していないものの、依然としてスターの地位を不動のものとしているDrake。そんな彼が、なんとフレグランス業界に参入し、まさかの商品を発売しようとしているようだ。

Travis ScottがOVOのNoah “40” Shebibのブログ記事にインスパイアされ活動を始めたことが明かされる

「現在のヒップホップシーンにおけるトップスターは誰か」と聞かれれば、Travis ScottとDrakeの名前を挙げる者は多いはずだ。今やシーンの2大巨頭となった二人だが、若き日のTravis ScottがDrakeのレーベルOVOのブログ記事に強く影響を受けたことが語られている。

Tyler, The CreatorやA$AP Rockyがデモへの支持を表明|DrakeやThe Weekndは大規模の寄付を行う

先日のジョージ・フロイドさんが警察によって窒息死させられた事件に端を発する、人種差別への大規模な抗議活動。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。