ジム・ジャームッシュ監督の映画『Only Lovers Left Alive』とWACKO MARIAのコラボレーション

CINETHEASIA INC

WACKO MARIAが2021年の初売りにジム・ジャームッシュ監督による2013年の映画『Only Lovers Left Alive』とのコラボレーションアイテムを発売する。

吸血鬼のカップルを描く『Only Lovers Left Alive』とのコラボレーションでは、同作品のオフィシャルロゴ、作中のワンシーンをハワイアンシャツ、T-シャツ、スウェットシャツにプリントしたアイテムを展開。PARADISE TOKYO、WACKO MARIA ONLINESTOREのみで発売されるTシャツのフロントのオフィシャルロゴは刺繍で表現した。

このコラボコレクションは1/3(日)の初売りよりPARADISE TOKYO、WACKO MARIA 伊勢丹新宿店メンズ館、WACKO MARIA HANKYU MEN’S TOKYO、及びWACKO MARIA ONLINE STOREにて発売開始となる。

Info

※WACKO MARIA正規取り扱い店舗にては新年の初営業日に準じて発売開始

related

WACKO MARIAとWOLF’S HEADのコラボでアロハシャツなどが登場

WACKO MARIAが継続的にコラボレーションを行なっているWOLF’S HEADとのアイテムが今季も登場した。

ジム・ジャームッシュ監督によるコラージュ本『Some Collages』が発売決定

インディペンデントシーンを牽引し、『ストレンジャー・ザン・パラダイス』や『パターソン』、『デッド・ドント・ダイ』など数々の名作で知られる映画監督ジム・ジャームッシュによるコラージュ本『Some Collages』が、ロングライド公式ストアにて9月21日(火)20時より予約販売される。

WACKO MARIA 2021FW COLLECTIONのLOOKBOOKが公開

WACKO MARIAが2021FW COLLECTIONのLOOKBOOKを公開した。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。