カナダで娯楽用のマリファナが合法化

以前よりFNMNLでも伝えていたカナダでの娯楽用マリファナの合法化が、本日よりついに実現することとなった。2015年にジャスティン・トルドー首相が選出されて以来着々と進められ、今年の6月に議会を通過した大麻合法化法案。全国規模での合法化はウルグアイに続いて2か国目で、主要先進国で初めてマリファナが完全に合法化するという愛好家にとってはまさしく快挙と言える出来事だ。

マリファナの使用はカナダの13の州それぞれで独自のルールが設定されている。例えばマリファナを購入できる最低年齢はアルバータ州では18歳に設定されているが、ケベック州では21歳になる予定で、一人30グラムまでの所持が許可されるとのこと。未成年者への贈与、もしくは販売は懲役14年に相当する罪になる。いくつかの州ではマリファナから子供を守るための法律も設定されており、サスカチェワン州をはじめとする一部の州では未成年者がマリファナショップに入ることさえも違法になっている。

もちろん日本では未だに使用や所持は違法となっているため、カナダから大麻を持ち込むことは出来ない上、日本大使館によると在留邦人や日本人観光客がカナダで使用することが処罰の対象となる可能性があるという。カナダに行く機会のある方は慎重に行動すべきだろう。G7初となるカナダ全国での合法化によって、マリファナを巡る国際的な動きにも影響を与えそうだ。

RELATED

Snoop Doggがホワイトハウスの前でマリファナを吸いトランプ大統領を罵る

トランプ大統領に対して並並ならぬ反感を抱いていることで知られているSnoop Dogg。先日の中間選挙を経て思うところがあったのだろう、反トランプの意思を表明するためにいかにも彼らしい行動を起こしている。

タイが医療用マリファナの合法化へ向けて前進│実現すればアジア初の容認国へ

今月半ばにカナダで娯楽用のマリファナが解禁されるなど、大麻合法化の波が世界中に広がりつつある。アジアでは未だ大麻が合法の国は無いというのが現状だが、そんな中タイがアジアで初めて医療用大麻の合法化に乗り出していることが報じられている。

Snoop Doggがジョイントを巻くスキルを応用して巻き寿司作りのマスターになったと著書で明かす

Snoop Doggといえば大のマリファナ好きで知られている。今までに巻いてきたジョイントは数知れないだろうが、なんとそのスキルが寿司を作ることにも活かされているそうだ。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。