H&Mが次はGosha RubchinskiyとVetementsをパクる

以前ファッションブランドが別のブランドのデザインをパクったことを指摘するInstagramアカウントを紹介した。アカウント主曰く、パクりが悪いわけではなく、それ自体はファッション以外でも様々な業界でも行われていることで、見てわかってしまうファッション業界で目に付きやすいだけであると述べていた。

しかしもちろんただのコピーでは意味がなく、オリジナルのスタイルになっていないと意味はないとも述べていた。

そんな言葉もお構い無しに、様々なトレンドを追い続ける巨人H&Mが、Gosha RubchinskiyとVetementsに狙いを定めた。

hm-ripping-off-gosha-rubchinskiy-01-960x640

hm-ripping-off-gosha-rubchinskiy-03-960x640

hm-ripping-off-gosha-rubchinskiy-05-960x640

これらはGoshaやVetementsのアイテムではなく、H&Mの新作だ。Thrasherに激怒されたのも全く意に介していないH&M、さすがと言わざるを得ない。

RELATED

Kanye WestがGosha Rubchinskiyにタトゥーのデザインを依頼しフリーフォントを用いたデザインが出来上がる?

Kanye Westは、息子Saint Westくんの名前のタトゥーを首元に彫る予定で、そのデザインをあのGosha Rubchinskiyに依頼したようで、再開したばかりのTwitterでそのデザインを公開していた。

H&Mが正式にグラフィティ・アーティストに対する訴訟を取り下げるもアーティスト側が逆にH&Mへの訴訟を検討中

先週大きな話題となったH&Mが、グラフィティアーティストなどのストリートアート作品は、著作権法の適用外だと訴えた裁判。

H&Mがストリートアートは著作権法の運用外と訴えた裁判を取り下げると発表

昨日H&MがグラフィティアーティストのREVOKを相手取り、グラフィティやストリートアートなど、公の場所などに無許可で制作された作品は著作権法の適用外だとNYの連邦裁判所に訴訟を起こした一件を伝えた。

MOST POPULAR

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。