【コラム】ヒップホップの中のアジア | Wu-Tang Clan,Kendrick Lamar,88Rising

ラッパーKendrick Lamarの新たなアルターエゴが今、世間を賑わせている。そのきっかけとなったのが、新作アルバム『DAMN.』に数多く登場し、先日行われたCoachellaでのライブでの初お披露目となったKendrickの新たなニックネーム、Kung Fu Kennyだ。そのビジュアルは『DAMN.』に収録されている"DNA"のミュージックビデオで確認できる。

 

実は、このKung Fu Kennyは2001年に公開されたジャッキー・チェンが出演するアメリカ映画『Rush Hour 2』に出てくるキャラクターKung Fu Kennyにインスパイアされたもの。『Rush Hour 2』でKung Fu Kennyを演じた俳優Don Cheadleは"DNA"のビデオにも出演、KendrickのCoachellaのライブに招待されたことでも話題を呼んだ。

KendrickはKung Fu Kennyだけでなく、Coachellaでのライブではカンフームービーにインスパイアされた演出を施していたのだが、ご存知の通りヒップホップとカンフーの組み合わせは今に始まったことではない。Kendrick以前に、70年代、80年代のカンフームービーに出てくる様な殺陣はヒップホップシーンに影響を与え、脈々と受け継がれてきたものなのだとComplexが報じている

『Foundation:B-boys,B-girls and Hip-Hop Culture in New York』の著者であるJoseph SchlossはComplexの取材に対し、ヒップホップとカンフーの歴史をこう振り返る。「ヒップホップシーンの人々は金銭的に裕福ではなかった。だから、安いカンフー映画をジャケット買いして、一日中見ていたんだ。あと、ポルノ映画もね」。カンフー映画は1981年にアメリカで活発にテレビ放映され始めた。毎週土曜日に放映されるカンフー映画は蹴りや叩きなど武道の作法を映し出し、視聴者の間で多くのファンを生み出した。さらにSchlossは「今まで会った、あの時代を生きたラッパーたちは熱心にその放送を見ていたよ」と語る。

 

しかし、なぜその時代のキッズの間でSchlossが言うようにカンフーは「独自のカルチャー」として発展していったのか。

その問いに対して、Hip-Hop Chess Federationの発起人であるAdisa Banjokoはヒップホップとカンフーが同じ人生の教訓を与えてくれると答える。「みんなはヒップホップが公民権運動の残り香から生まれたものだということを忘れがちだ。そして、黒人男性の尊厳に縛られ過ぎている」ブルース・リー主演の映画や香港のシャオ兄弟の監督作品、過去のカンフー作品は、1人で大勢の軍勢と戦っている。しかも、主に武器は自身の手だけ。それは特別に裕福であったとしても意味はない。訓練し、働けば、みんなが成し遂げられるというカンフー固有の考えがヒップホップ・カルチャーと親和性が高かったのだと指摘している。

さらに、Banjokoは続けて「それがカンフーとかつて奴隷で小作制やジム・クロウ法と戦ってきたアフリカアメリカンが共鳴する大きな理由の1つだ。カンフー映画は大勢の黒人男性に眠る闘争精神や哲学的視点に響くんだ。彼らには戦うスキルを持つ責任があるから」と説明した。

安いカンフー映画はテレビ放映からスタートし、ついには黒人の子供達の間でヒーロー的存在となった。当時、キッズのほとんどは学校が嫌いで、カンフー映画が学校代わりの一部の役割を担っていた。カンフー映画に登場するキャラクターはメンターからカンフーのスキルを学び、新たなスタイルを構築していく。そのすべての訓練が、後にヒップホップを生み出すキッズ達に受け継がれていった。

カンフーがヒップホップに与えたことは「先生やメンターを尊敬する奉公的スタイルのモデルを作ったこと」だとSchlossは分析する。「カンフーは謙虚や規律を学ばせ、どうアクションを起こすべきか教えてくれる。だけど、それは自分を格下にするという意味じゃない。人はあるシチュエーションに陥った時、今まで学んだことから実践できる。カンフーはそれを発展させるアートフォームとして大きな役割を果たすことができた」。

そのSchlossの意見にBanjokoも賛同する。「すべてのメンターに背いたアーティストはメンターの青写真である。なぜなら、そのアーティストは進化し、メンターに新しく習得した技を試そうとしているからだ」と語り「また、『36 Chambers』というカンフー映画では1つの蹴りやパンチを延々と練習しているシーンが映し出されている。そこにはDJがスクラッチを練習している姿やダンサーがヘッドスピン、フリーズを練習する姿と同じ情熱がある」と考察する。

 

Schlossによると、ルーツには「カンフーはヒップホップを作りだした世代の生活に深く浸透したことにより、ヒップホップとの関係がより深くなった」と結論付けられる。「ヒップホップは70年代ニューヨークに住む有色人種で労働者階級の10代のすべてが重なって生まれたもの。だから、カンフーも自然とその一部になった」と締めくくる。

次ページ: アジアのイメージを逆手にとる88Rising

RELATED

Kendrick Lamarはかつて2Pacの幽霊を観たことがある?

ハロウィンも近づいてきた今日この頃。「幽霊を見たことがある」という怪談は世の中に数えきれないほどあるが、尊敬している人物の幽霊なら会ってみたいと思う人も多いのではないだろうか。

Anderson .Paak とKendrick Lamarがコラボレーションシングル"TINTS"をリリース

先日よりアナウンスされていたAnderson .PaakとKendrick Lamarによるコラボ曲"TINTS"が10月4日(木)にリリースされた。

Kendrick LamarとSZAが次回作より自由契約になる可能性

言わずと知れた人気レーベルのTop Dawg Entertainment。TDEを代表するアーティストといえばKendrick LamarとSZAの二人がいるが、彼らの作品はそれぞれInterscopeとRCAからリリースされている。そのような状況の中、二人が次のアルバムより自由契約になるとHits Daily Doubleが伝えている。

MOST POPULAR

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。