ケンドリック・ラマー演じるカンフー・ケニーの元ネタはMV『DNA.』に登場する俳優が『ラッシュ・アワー2』で演じた情報屋ケニーであることが判明

ケンドリック・ラマーはアルバム『DAMN.』と先週末のコーチェラのステージにて、カンフー・ケニーのキャラを全面に押し出している。そのカンフー・ケニーはどこからやってきたのだろうか?彼の楽曲とアルバムの中ではカンフー・ケニーの名前が叫ばれるものの、具体的な参照元やキャラの説明はされていない。

しかしケンドリック・ラマー自身ではなく、ケンドリック・ラマーの新しいミュージック・ビデオ"DNA."に登場した俳優ドン・チードルがその元ネタをインタビューで明かした。

ケンドリック・ラマーの新しいミュージック・ビデオに登場した俳優ドン・チードルは、映画『ホテル・ルワンダ』でアカデミー主演男優賞ノミネートされ一躍有名になった俳優だ。そのほかにも『オーシャンズ11』、『オーシャンズ13』、『アベンジャーズ』などの数々の大作に出演する有名俳優だ。

そのドン・チードルはインタビューにて、カンフー・ケニーの元ネタはドン・チードルが2001年の『ラッシュ・アワー2』で演じたキャラクター、情報屋ケニーであることを明かした。

"DNA."のビデオを撮影した後、ケンドリック・ラマーはドン・チードルに対して「コーチェラに来てほしい」と伝えた。しかしドン・チードルは「自分が行くようなところじゃない」と答えるもケンドリック・ラマーは「ヤバいことがあるから。サプライズがある」と言う。そこまで言うならとドン・チードルはコーチェラに行くと「ケンドリック・ラマーはクレイジーなカラテをしてるじゃないか」と驚いた。

驚いてコーチェラから帰る道すがらTwitterでドン・チードルはこんなメンションを受け取る。

ドン・チードル、オリジナル・カンフー・ケニー!

その時にドン・チードルはやっとケンドリック・ラマーが言うサプライズが何か理解したという。すぐさま「ぜんぜん気付かなかったよ」とテキストメッセージを送るとケンドリック・ラマーは「あれがサプライズだよ」と明かしたそうだ。

related

Kendrick Lamarらによる新会社pgLangがCalvin Kleinとコラボしたショートフィルム8本を公開

昨年、Kendrick LamarやBaby Keem、ビデオディレクターのDave Freeらによって設立が報じられた新会社pgLang。そんな同社がCalvin Kleinとコラボして制作した8本のショートフィルムを先週公開した。

Kendrick Lamarのエンジニアが「彼には6枚アルバムを作れるだけの未発表曲がある」と明かす

長らく新作のリリースを待ち続けられているKendrick Lamar。アルバムは未リリースながらコンスタントに制作を行い続けているという彼は多数の未発表曲の存在が噂されているが、今回、彼のエンジニアをキャリア開始当初から務めているMixedByAliが未発表曲の数について語っている。

Kendrick Lamarが新作のリリースに時間がかかる理由を語る

長らく新作のリリースを待たれていながら未だ実現に至っていないKendrick Lamar。先日は所属レーベルTDEからの離脱の噂が報じられ(後に否定)話題を呼んだが、今回、そんな彼がインタビューの中で新作や新会社pgLangについて語っている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。