セクシストやレイシストたちに攻撃されるレスリー・ジョーンズのためにQuestloveたちが立ち上がる

人種差別者たちの攻撃にさらされているレスリー・ジョーンズのために、ハリウッドのスターやミュージシャンたちが立ち上がった。

『ゴーストバスターズ』に出演するレスリー・ジョーンズのウェブサイトが何者かにハッキングされ、彼女のヌード写真やパスポート、運転免許証などの画像が表示されるように改ざんされていた。

2016年版の『ゴーストバスターズ』リブート版の主役が女性であるということを理由にしてインターネットのトロール(荒らし)たちは、映画に出演する黒人俳優のジョーンズに対して人種差別的な嫌がらせを集団で行った。その結果、ジョーンズはTwitterを去ることになった。

それでもトロールの攻撃は収まらず、今回のウェブサイトのハッキング攻撃が行われた。

『ゴーストバスターズ』の監督Paul Feigは「レスリーに起こったことはまったくもって侮辱でしかない。オルト・ライト(Alt-Right=ドナルド・トランプを支持する新しい右派)、ヘイター、トロール。お前らはクソだよ。まったくもってむなしいよ。」とツイート。

サタデー・ナイト・ライブに出演するQuestloveも「レスリージョーンズに対して行われていることを見ると、本当に気分が悪くなる。レイシストでセクシスト的な行為だよ。気持ち悪い。これは紛れも無くヘイトクライムだ。ガキの冗談じゃすまされないぞ」とスタンスを明らかにした。

そのほかにもKaty Perry、Anna Kendrick、Patton Oswald、Sara Bareilles、Kena Dunham、Taran Killamたちがレスリー・ジョーンズの側に立ち、ヘイター、トロール、セクシスト、レイシストと戦う姿勢を見せた。

RELATED

Questloveもトランプ支持を表明するKanye Westを批判 | Frank OceanもMessageを送る

ここ数日はTwitter上でトランプ大統領を支持する発言を連発し多方面から批判を集めているKanye Westだが、その件についてThe RootsのQuest Loveが失望を露わにしている。

モリッシーが公民権運動家ジェイムズ・ボールドウィンの顔写真を使用したTシャツを販売。レイシストと批判を浴びる

The Smithsの元ボーカリストのモリッシーが自身のウェブショップでリリースする予定のTシャツが批判を浴びている。

RihannaやFrench Montana、Questloveがトランプ大統領の移民政策に怒りの声をあげる。「どれだけモラルのない豚になればこんな馬鹿なことを行えるのか」

アメリカのトランプ大統領は1/28にシリア難民の受け入れを無期限に停止し、中東の7カ国に一般市民に対するビザの発給を90日間停止する大統領令に署名した。それを受けて10人が拘束されたNYのジョン・F・ケネディ空港では2000人が抗議のために集まるなど、怒りの声があがっている。その声に同調するようにRihannaやFrench Montanaもメッセージを発している。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。