QuestloveがDaBabyやj-hope、Rapsodyなどの楽曲にリアクション

言わずと知れたThe Rootsのドラマーであり、90年代より活動する大ベテランのQuestlove。そんな彼がラップの最新ヒット曲にリアクションを行う動画がGeniusから公開された。

ベテランでありながら絶えず新世代のアーティストをチェックし続けていることで知られるQuestloveは、DaBabyのアルバム『KIRK』に収録された“INTRO”について「実は俺はDaBabyのファンで、Roots Picnicに出演して貰いたいと思ってるんだ」と、DaBabyをThe Rootsが主催するフェスにブッキングしたいと考えていることを明かした。さらに「俺も“Billion Dollar Baby”のチェーンが欲しいな。多くのラッパーが、自分の成功を見ることが出来なかった家族についての後悔をラップする。Chris Rockにも、De La SoulのPosdnuosにも起こったことだ。だから、この曲(“INTRO”)が好きだよ」とも述べており、かなり彼を評価していることが分かる。

続いてBTSのラッパーであるj-hopeのソロ曲“Chicken Noodle Soup”にリアクション。ウェッサイ風味の同曲について「“Chicken Noodle Soup”は古き良きって感じだな。BTSには自分たちだけの宇宙があって、ポップな奴も、ヒップホップな奴も、みんながいるんだ。全ての人口統計や心理的属性がこのグループにはある。BTSの世界では彼はMethod Manに当たるな」と、BTSの多様性を賞賛し、j-hopeのラッパーとしての存在感についても触れた。

他にもRapsodyの“Oprah”のMVについて「一度Cypress Hillとツアーをしたことを思い出すよ。もう二度と無いけどな。日本でサイコロをやって、最速で500ドル負けたんだ」と、MV内でサイコロをやるシーンにちなんでCypress Hillとのエピソードを披露したほか、Young M.Aについても「彼女のMCは微妙なニュアンスや静かなフロウが全ての言葉や経験を信じているようで、それが俺にとってオーセンティックに聴こえるから好きだ」と評価するなどしている。

Questloveが現在のシーンをどのような視点で捉えているかがよく分かる動画の全編はこちらから。

related

DaBabyが5年以内にラッパーを引退しレーベル運営に専念する計画を明かす

今年はRoddy Ricchとの“ROCKSTAR”を始めアイコニックな楽曲を多数リリースし、強い存在感を放ち続けたDaBaby。そんな彼が、新たなインタビューの中でラッパーを引退する構想について語っている。

DaBabyにフリースタイルを仕掛けたマクドナルドの店員が話題に

ラッパーとしての成功を目指している人にとっては、人気ラッパーとの偶然の出会いは千載一遇のチャンス。それは、例え仕事中であっても関係ないようだ。

DaBabyがBETアワードで“ROCKSTAR (BLM REMIX)”の新たなビデオを公開|フレックスチューンが別の意味を帯びてプロテストソングへ

DaBabyが今年4月にリリースされたアルバム『BLAME IT ON BABY』に収録されている、Roddy Ricchとのコラボ曲“ROCKSTAR”。楽曲本来の意味を超えて「Black Lives Matter」ムーブメントのアンセムのような役割を担い、新たにヴァースを追加した“BLM REMIX”もリリースされたこの曲が、先日開催されたBETアワード授賞式で披露され話題を呼んでいる。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。