DaBabyが5年以内にラッパーを引退しレーベル運営に専念する計画を明かす

今年はRoddy Ricchとの“ROCKSTAR”を始めアイコニックな楽曲を多数リリースし、強い存在感を放ち続けたDaBaby。そんな彼が、新たなインタビューの中でラッパーを引退する構想について語っている。

先日公開されたXXLのカバーストーリーに登場したDaBabyは、インタビューの中で「5年以内にラッパーを引退し、レーベルの運営に専念したい」との内容を語った。彼は自身が運営するレーベルBillion Dollar Baby Entertainmentを「5年後には、間違いなくゲームの中で最もホットなレーベルの一つになるだろう」としており、また「5年後にはラップはしないよ。他のスーパースターを作るんだ」と、自身の作品ではなくレーベルに所属する他のアーティストのサポートに意欲を燃やしている様子を見せた。

Billion Dollar Babyには現在Stunna 4 Vegas、KayyKilo、Wisdom、Rich Dunk、そしてDJのK.i.D.という5人が所属しており、中でもStunna 4 VegasはDaBabyの楽曲への参加や自身の作品でかなりの人気と知名度を獲得しつつある。DaBabyの言葉通り、今後Billion Dollar Babyがシーンの中で最もホットなレーベルの一つとなることも有り得るのかもしれない。

またインタビューの中では今年を代表するヒットソングの一つとなった“ROCKSTAR”についても語られており、彼は「パンデミックの間、俺はBillboardで最も長く続いているアーティストだった」として同曲を「今年の一曲」であると自負している。

もちろんDaBabyが5年後もラップを続けていることがファンにとって最も望ましい形ではあるが、それに加え、彼のレーベルオーナーとしての才能にも注目である。

XXLによるDaBabyのインタビューはこちらから観ることが出来る。

related

DaBabyにフリースタイルを仕掛けたマクドナルドの店員が話題に

ラッパーとしての成功を目指している人にとっては、人気ラッパーとの偶然の出会いは千載一遇のチャンス。それは、例え仕事中であっても関係ないようだ。

DaBabyがBETアワードで“ROCKSTAR (BLM REMIX)”の新たなビデオを公開|フレックスチューンが別の意味を帯びてプロテストソングへ

DaBabyが今年4月にリリースされたアルバム『BLAME IT ON BABY』に収録されている、Roddy Ricchとのコラボ曲“ROCKSTAR”。楽曲本来の意味を超えて「Black Lives Matter」ムーブメントのアンセムのような役割を担い、新たにヴァースを追加した“BLM REMIX”もリリースされたこの曲が、先日開催されたBETアワード授賞式で披露され話題を呼んでいる。

DaBabyがマリファナをやめたことを明かす

昨年を代表するラッパーの1人であるDaBabyがマリファナをやめたと宣言した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。